12本の入海河が「全部浄化」され

稿源:滨海时报   编辑:吴双   2021-09-13 15:31

bhsb0909002_002_01_b


 「今は東疆の親海公園を散歩しています。きれいな海と群れを成している鳥は、水も環境の改善を示しています。水もきれいになりましたし、岸も緑になりました。」と海浜新区海洋局海域室長の李海山さんが紹介している。今、「水清、岸緑、灘浄、湾美」の美しい湾が見事に開放された。これは渤海総合対策の堅塁攻略戦の成果の一つの縮図である。近日、天津市渤海総合対策攻堅戦の記者会見では、渤海総合対策堅塁戦は全国汚染防止攻略戦の七つの代表的なな戦いの一つであり、海洋領域の汚染防止の第一戦でもあることが明らかになった。渤海総合的対策堅塁攻略戦の最前線と主戦場として、浜海新区は三年間の努力を経て、近岸海域の生態環境の質を明らかに改善した。

 海洋生態環境の質が

 近年以来の最高のレベルに達し

 「この三年間、浜海新区は大量の海洋生態修復作業を展開し、2020年度の渤海総合対策攻略戦と『青い海湾』計画年度の任務を相次いで完成しました。」と李海山氏が述べている。この三年間、浜海新区の入海河と近岸海域の水質が大幅に改善され、海洋生態環境の質はここ数年来最高のレベルに達した。12条の入海河は2017年の「全部劣化」から2020年の「全部浄化」に改善され、「クリア」を実現した。地表の水断面の劣V類の水質比率は40%低下し、削減率は全国のトップクラスとなった。近岸海域の優良水質比率は70.4%に達し、2017年より53.8%上回り、環渤海地域での改善幅が最大となった。

 入海の鍵となる「ゲート」を守り

 海洋汚染の対策を実施

 陸源汚染対策において、浜海新区は入海河と入海排水口という二つの重要な「水門」をしっかりと把握している。12本の河に対しては「一河一策」を実行し、「源を管理、汚染を管理、規模を拡大、管理を厳しく」という四つの措置を同時に実施し、リスト化、プロジェクト化を実施した。三年以来、天津市は全部で6700余件の管理工事を実施し、入海口にある汚染物質排出口の「調査、測定、遡及、管理、処罰」の特別行動を深く展開してきた。海域の汚染対策において、港、船舶、海水養殖と海洋ゴミなどの海に関わる汚染源の管理を深く推進した。港のポンプ駅、天津港の1番ポンプ駅などの天津市政府総合排出口に対して、源の汚染予防・管理から網の収集、末端の管理まで系統的な管理を行い、生活排水の海洋排出問題を徹底的に解決した。

 海洋生態保護のレッドラインを守り

 海洋生物の資源を保護

 楊家泊鎮は長芦漢沽塩場に隣接している。塩焼き地の高い塩加減のニガリ、豊富なニガリなどの天然な餌と海淡水がいつでも入れ替わるなどの資源優勢を持っている。楊家泊村の80%近くの家庭は水産養殖に従事している。2017年、楊家泊鎮は中国科学院海洋研究所と積極的に提携し、工場化水産養殖後流水総合処理プロジェクトの技術開発契約を締結し、養殖後流水の科学処理を行い、循環水システムを構築した。現在、後流水の再利用率は90%以上に達しており、基本的にゼロ排出ができた。関係者によると、浜海新区は海洋生態保護のレッドラインを厳守し、「青い海湾」の修復計画を実施し、全面的に岸線岸灘の総合整備を展開し、浜海湿地の修復面積が531.87ヘクタールに達し、4.78キロメートルの海岸線を修復し、国の任務を超過達成した。海洋生物資源の保護に力を入れ、海洋季節休漁制度を厳格に実施し、海洋漁獲総生産量は2015年と比べて25%減少し、各種類の稚魚を72億以上放流した。同時に、湾長制を実施し、各級の湾長の職責と管轄範囲を明確にし、問題、責任と任務の三つのリストを作成し、「河長制」との接続と連動を強化し、「全面的なカバー、階層的な職責、グリッドから源、責任から人まで」という海湾監督管理の新しいモードを形成した。法律執行連動を強化し、海警、生態環境、海監、海事、漁政など多くの機構が共同で「碧海」「春雷」などの特別法律執行行動を展開し、環境違法行為を効果的に取り締まった。

 美しい海湾の保護と建設を推進し

 民衆の獲得感と幸福感を向上させ

 関連責任者によると、浜海新区は引き続き陸海の統合と河海の共同管理を堅持し、入海河の「一河一策」の管理を深く実施し、入海汚物排出口の「一口一策」の分類整備を展開し、海水養殖、船舶、港などの海汚染源の排出を厳しく管理し、渤海総合対策攻略戦を引き続き推進してきた。システムの保護と科学的な修復を堅持し、海岸帯の整備と修復の重要なプロジェクトの実施を推進し、接岸海域の生態系の機能回復を加速させ、海洋生態系炭素集積能力を増強した。美しい湾の保護と建設を積極的に推し進め、国民の海に対するニーズをより重視し、より多くの良質な生態製品と親海スペースを作り上げ、民衆に海の生態環境の質改善による福祉を共有させた。また、問題の正確さ、時間の正確さ、地域の正確さ、対象の正確さ、措置の正確さなどを重視し、海洋生態環境全体の保護、システムの整備、正確な施策と総合的な監督管理を強化し、環境品質の改善を持続的に推進したという。


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号