大連で206日ぶりに映画館が営業再開

稿源:人民網日本語版   编辑:刘洁珊   2020-08-19 13:20

遼寧省大連市の低リスク地域の映画館が17日、各種新型コロナウイルス対策を引き続き万全に講じることを条件に、206日ぶりに営業を再開した。中国新聞網が報じた。

営業を再開した映画館に入る人々。(撮影:楊毅)

7月末、大連で新型コロナウイルスの集団感染が発生し、現地の各大型映画館は、中国全土の他の映画館と同時期に営業を再開することはできなくなった。8月16日、大連の新型コロナウイルス対策記者会見で、大連市工業・情報化局の張立志副局長は、「現在の対策の動向に合わせ、一部のサービス業の営業拠点を分析し検討した結果、営業を秩序立てて再開する」とした。そして、真っ先に言及のあった映画館に注目が集まった。

健康コードを見せ、体温測定を受けてから映画館に入る男性。(撮影:楊毅)

新型コロナ対策のために、映画館は防疫規定に基づいて販売するチケット数を制限し、観客と観客が間隔を空けて座るよう手配するほか、観客にマスクを着用するよう促し、おやつやドリンクなどの持ち込みも禁止としている。

健康コードをスキャンする親子。(撮影:楊毅)

映画館・大連百麗宮の劉愛華総経理は、「大連の各大型映画館は1月24日から営業を停止していた。今回ようやく営業再開となり、営業停止以来最初のチケットを販売した」と語る。

映画を鑑賞する人々。(撮影:楊毅)

3月から今に至るまで、大連の映画館は、営業再開に向けて積極的に施設のメンテナンスを行ってきた。そのため、今月16日に営業再開許可が発表されると、多くの映画館がすぐに営業を再開することができた。 (編集KN)

映画館でのおやつやドリンクの販売は再開されていない。(撮影:楊毅)

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号