新港税関、多重な措置を講じて 外貿企業を保護

稿源:滨海时报   编辑:吴双   2020-08-14 17:28

p1_b

新港税関は監督管理モデルを革新させ、外貿企業にサービスを提供する。


  現地で企業を158社調査、政策説明会を150回展開し、関連企業の座談会を92回行い、企業の意見と問題を266件収集し、問題を252件解決した今年に入ってから、天津新港税関は感染症の発生が浜海新区の対外貿易企業に対する影響に基づき、企業の生産再開と訪問に関するプランを作成した。天津国際航運センターの窓口サービスの質に関するアンケート調査において、新港税関の全体的な満足率は99%に達し、すべての審査部門の中で第一位となり、管轄区企業に高く評価されている。

  「税関―政府―企業」の協力新モデルを検討

  近年、新港税関は浜海に力を入れ、浜海新区政府と良好なコミュニケーション協力メカニズムを確立し、「税関+政府」の共同監督管理モデルを革新させ、「税関—政府—企業」が一体化する生産、貿易、監督管理、サービスの新型協力の見本を検討してきた。

  天津市中集コンテナ有限会社は主にコンテナ製造と輸出業務に従事する企業である。感染症の影響で、買い方のコンテナ需要が遅れてしまった。この企業は税関に通関申告と輸出税還付の手続きができず、資金の圧力が大きかった。新港税関の数多くの機構のベテランが企業の需要を詳しく知り、企業のために、「浜海新区が指導し、税関、税務が協力し、買い方が受け取ってから税金の返還を申請し、コンテナの使い済みで支出が許可される」通関方案をカスタマイズした。

  「このパタンが順調に運行すると、コンテナの積み立てコストを効果的に低減させ、輸出税還の効率を高め、資金をできるだけ早く還流させることができます。会社のほぼ4分の1の業務にはこのパターンが必要です。」と同社の総経理アシスタントである楊立強氏が言った。

  グリーン的通関で企業のコストを節約

  「産業第一、企業家トップ」は新港税関がずっと堅持してきた理念である。今年以来、新港税関は効率的で便利な通関サービスで企業のためにもっと多くの注文を獲得し、天津港が自動車貿易港としての伝統的な優位性を固めた。

  長城自動車株式会社は中国で規模最大の集団所有制自動車メーカーであり、10年以上連続で高成長を遂げている。自動車貿易の監督管理は新港税関の重要な機能として、これまで注目されてきた。新港税関は「事前に介入し、専門家のフォローアップ、先期指導」という正確なサービス措置を作成し、自動車の対外貿易輸出の快速通関のグリーン的通路を構築し、専門家に長城自動車に連絡させ、貨物の輸出通関計画を把握させ、申告の前期指導をしっかりと行い、「事前申告」「タイムリー報告」「埠頭検査を展開する」などの方式を通じて、通関効率を高め、企業コストの節約をサポートした。「インターネット+税関」のモードを利用し、感染症が生産再開に対する不利な影響を効果的に低減した。3月から現在まで、新港税関はこの企業のために南米、中東、太平洋島国などの地区に輸出された12000台余りの完成車の快速通関を行い、基本的に5分以内の運行を完成した。

  鉄道・水上の連合運輸」、情報の交換と共有

  新型肺炎が発生して以来、航空、道路、水上運輸などの運送が大きな影響を受けている場合、中欧列車は運行が安定し、時効性が強いという特徴によって、重要な中外貿易の輸送通路になった。新港税関は積極的に鉄道センターの建設を助けて、浜海新区の経済発展のために動力を加えて、地域性の「一帯一路」政策がもたらす利益を極めて促進した。

  「感染症予防・抑制の間、新港税関は何回もビデオ、電話などを通じて関係業務者を指導し、税関企業の登録を完了させ、配達機能を開通しました。」と天津中鉄連合国際コンテナ有限会社生産部のマネージャーである李志武氏が言った。鉄道センター駅の税関監視作業場の設立と活用に伴い、天津港鉄道と港の「鉄道・水上の連合運輸」の情報交換と共有を実現し、便利な鉄道運輸で、貨物を800キロメートル以上運送した。今年から731日まで、新港税関は全部で中欧列車208回、22458箱を通行させた。




津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号