季景コミュニティ:「ブラックテクノロジー」で生活をスマート化させ

稿源:滨海时报   编辑:吴双   2020-08-14 17:19

p1_b

顔認証システム

  コミュニティの入り口の顔認証システム、高所からの投弃監視カメラ、スマート医療の診療室 これまで、生態城季景コミュニティは人々の満足感、幸福感と獲得感を高める出発点として、スマートコミュニティに搭載されたスマートアプリを通じて、スマートの触角を各家庭に広げ、住民にスマート都市建設が生活にもたらす変化を感じさせる。先日、記者は季景コミュニティを訪問し、このコミュニティの「ブラックテクノロジー」を探ってみた。

  スマートコミュニティの「前衛」を作り上げ

  82日午前10時、季景峰閣に住む劉さんはコミュニティの「スマートコース」で当日の訓練任務を完成した。沿道のカメラは顔認識機能を通じて自動的に劉さんの運動データを記録した。「『スマートトラック』は本当にいいですね。データを記録するだけでなく、科学的なフィットネス指導もできます。」劉さんによると、毎日ジョギングする習慣がある。以前は勝手に走っていただけだったが、景峰閣に引っ越した後、彼はここにスマートトラックがあるのに気付いた。走る時、カメラの指定された位置に来てレンズを見たら、顔認識技術によって自動的にデータを記録できる。データ分析によって、市民のフィットネスをより良く指導することができる。また、コミュニティには「健康小屋」があり、健康診断と健康評価サービスも提供されている。「家の前で智慧を絞って走ることができて、幸せです。」と劉さんが言った。

  関係者によると、季景峰閣は生態城初のスマートコミュニティであり、季節景コミュニティが作り上げたコミュニティの「前衛」である。スマートトラックの他、季景コミュニティは季景峰閣の入り口で顔認証機能を備えている。住民はコミュニティに入るときはカードを使っている。時には出入り口の警備員の協力が必要である。季景峰閣は人の顔認識システムを採用しているため、住民はまっすぐ行くだけで、システムは自動的に識別してドアを開ける。カードを忘れる心配もなくなった。「昔は手に何かを持ったり、電話したり、バイクに乗ったりしているときはカードの利用が不便でした。本当に面倒くさいです。今は顔認証で入れるなんて、本当に便利です!」と住民の魏さんが述べている。

  高所からの投弃監視問題を解決するために、季景コミュニティは一部のビルの下にあお向けの高精細カメラをインストールした。いったん高所からの投弃行為があったら、正確に源を追求することができる。システムもデータをリアルタイムに生態城のスマート都市運営センターに伝えることができる。「都市ブレイン」は受け取った状況を直ちに法律執行部門にフィードバックし、技術をコミュニティ管理の難題に「解決案」を提供し、コミュニティのスマート化管理にエネルギーを提供する。

  それ以外に、スマートスピーカー、スマート席、スマート党建機能室などの30項のスマートアプリと施設はコミュニティの各所で次から次へとオンラインして、至る所に「ブラックテクノロジー」があると言える。「私はいつもコミュニティの中のスマート元素を親戚や友人のWechat グループに公開しました。彼らは私のスマート生活をとても羨ましがっています。」と季景コミュニティのスマート建設といえば、劉さんは夸りを持って述べている。

  より多くのスマートアプリの実施を推進

  「度さん、度さん、白菜は一斤でいくらですか」

  「0.78元になります。」

  「私たちのスマートサービスセンターに基づき、住民は家を出なくても便利でスマートな生活を暮らせます。」季景コミュニティの居民委員会の関連責任者の侯永琴さんによると、季景峰閣で、すべての家庭は1台のスマートスピーカーを装着し、野菜の価格、ガス代、水道代、暖房費などをワンストップで調べ、修理を申請することができれば、慢性病の管理情報も得られる。これらの日常生活のニーズは、スマートフォンに教えさえすれば、相応のサービスが受けられ、有効な情報の直行が実現された。

  スマートコミュニティの建設はハードウエアだけではなくて、ソフトウェアの支持も不可欠である。侯永琴さんの紹介によると、スマートコミュニティの統一管理のために、季景コミュニティは季景峰閣小区の既存の情報化システムを統合し、スマートコミュニティサービスセンターというスマートコミュニティ総合管理プラットフォームを作り上げた。プラットフォームは「人員、車両、事件、家屋、設備」などの情報科学を総合的に計画案配し、スマートコミュニティの総合展示スクリーンを展示プラットフォームとし、コミュニティ管理と団地管理の現代化レベルを向上させた。それがあって、住民の日常は静かに変わっている。

  「スマートコミュニティの建設はスマート都市の建設の最も重要な基層基礎仕事であり、生態城の基層の管理システムと管理能力の現代化レベルを向上させるための重要な道です。」侯永琴さんによると、生態城は現在スマート都市の建設を推進している。季景コミュニティはスマートコミュニティの試行建設を展開することによって、住民にデジタル生活の安全と便利さを利用させただけでなく、多くのコミュニティの管理痛点を解決し、コミュニティ管理をより効率的にし、コピー・普及できる方法を検討し、地域のスマート都市の建設をサポートした。

  季景峰閣を除いて、現在、季景コミュニティが管轄する他のコミュニティもスマートの実施を推進している。例えば、季景華庭コミュニティが団地内に設置しているスマートごみ分類箱はすでに利用できるようになった。季景銘郡コミュニティもコミュニティの入り口とビルの入り口に顔認識システムを設置している。次の段階では、季景コミュニティはインターネット、モノのネットワーク、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの次世代情報技術の集積応用を十分に利用し、コミュニティ関連の不動産情報、不動産サービス、商業サービスなどから、団地内の建築物、インフラ整備、居住者などに対するスマート管理と個性化サービスを実現し、住民により多くのスマート化サービスと住みやすい環境を提供する。



津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号