浜海新区の「双戦双勝」で著しい効果を成し遂げ

稿源:滨海时报   编辑:吴双   2020-08-03 10:09

p2_b

ネスレの新生産ラインの建設が加速中


  「経済開発区の協力のもとで、天津ネスレはすでに全面的な生産再開を実現しました。私たちも発展する自信を固めました。」経済開発区2019年度トップ100企業である天津ネスレ株式会社の工場長であるMichal Janeczakの感想は、浜海新区の多くの企業の心の声を反映している。今年以来、新型肺炎の発生状況に直面し、浜海新区は共同予防・共同制御を強化し、一連の強力な支持措置を実施して、企業に利益をもたらすような特別政策を公表し、感染症予防・抑制と経済社会の回復を両立させる中でリーダーと模範としての役割を発揮し、「双戦双勝」を実現した。

 早く計画

  予防・抑制を科学的に、厳しく行い

  浜海新区は「戦区制、主官上」を堅持し、約6000人の幹部をコミュニティに派遣し、予防・抑制の主戦場をコミュニティの一線に置き、コミュニティ(村)、公共場所、企業、仕事と生活場所、公共交通、医者など、7つの面に関わる42件の総合予防措置を厳しく実行し、多くの措置を実行して厳密な防御線を構築した。

  北中国経済の重鎮、天津発展の先導的エンジンとして、浜海新区の企業は数が多く、人員の流動性が高く、百万人以上の従業員の中で、外地の従業員は約半分を占めている。企業は海浜新区の感染症予防・抑制の主要な力であり、重要な戦場でもあると言える。

  早く計画し、早く実施し、早く行動する。26日に浜海新区は指導意見を発表し、率先して全市で産業種類によって生産再開を何回かに分けて推進し、適時に予防・抑制ガイドのアップグレードバージョンなどを推進し、生産再開を実施するための「五つの一」(規範的な生産再開プラン一部、生産再開の厳しい基準一部、厳密な監視管理システム一部、力強い宣伝チーム一本、公正で情け容赦がない警備隊が一隊)作業規範を作成した。企業が生産再開前から後までのドッキング、企業従業員と場所の監視管理、応急対応処置などの面で全過程、全プロセス、死角なし、全カバーを徹底するように指導した。(第3面に続く)(第1面から続く)浜海新区は8つの指導グループを設立し、5つの開発区と塘沽、漢沽、大港という3つのエリアに進駐させ、企業が種類によって何回かにわけて生産再開するように指導した。各開発区、街鎮の指導部は昼は企業で働き、夜は生産再開プランの作成を検討し、数夜続けて奮闘し、昼夜も惜しまなかった。

  東疆保税港区にあるコアラ海購は国内で有名なクロスボーダー電子商取引企業である。感染症が発生した後、手を洗う液体、体温計、食品などの生活消費物資の需要が急増している。コアラ海購が迅速に感染症予防物資と生活消耗品を輸入したが、注文書の早期発送と人員不足の間の矛盾に直面している。コアラ海購の状況を知った後、東疆保税港区管理委員会は関連部門を組織して解決案を検討し、天津市が民生に関わる電子商取引及び物流速達企業の生産再開の要求に基づき、税関、業務部門、コミュニティ、安全などの多部門と連携して、貨物通関、人員の出入、宿泊安全、生活物資などに対して全面的な保障を実施し、企業の安全を確保した。専門的なグリッド係に、生産再開する電子商取引企業と一対一でドッキングさせ、いつでも生産再開の状況を把握し、企業全体に人員管理と倉庫内消毒防護などの感染症保障の細部を徹底するよう指導し、京津冀及び北中国の消費者に海外商品の供給を提供し続けた。

  企業に利益をもたらし、お金で困難を解決

  感染症の発生により多くの企業が発展の難関に直面している。今年の上半期には、浜海新区は全市の「21条」「27条」の優遇政策と「20条」「11条」などの運営を安定させるための政策、「32条」、雇用を安定させるための政策を実施し、税金減免・費用削減の「コンビネーションパンチ」を実施し、各項目の政策を企業に正確に普及させ、企業に確実に政策の「配当金」を提供した。112社の企業に人民銀行の特別貸付金と国開銀行の特別貸付金で162.8億元を申請し、677社の企業に208.8億元を融資するようにサポートした。企業のために社会保険料を39.9億元減免し、家賃、水道・電気・ガス代を1.36億元減免し、職場復帰安定金を2億元返還した。企業の開票戸数は6.8万戸で、前年同期比で105.9%となり、金額が1.2兆元で、前年同期の97.5%となっている。

   浜海新区の各関連部門、各開発区も相次いで「企業を暖める政策」を打ち出した。経済開発区は「企業を暖める十六条」、保税区の「15条政策措置」、ハイテク区の「8条扶助措置」、東疆保税港区の「21条恵企措置」、「生態城恵企21条」などは、お金で企業の難問を解決した。例えば、雇用を安定させ、企業の雇用コストを低減するために、天津港保税区は保税区所属の国有マンションの賃借りをする中小企業、保税区に属する国有資産類経営用住宅の賃借りをする中小企業及び公営付随市場、保税区内のその他経営用住宅を借りる中小企業に対して、2月から家賃の優遇政策を提供する。生態城は感染症予防・抑制の間、中小企業の新規融資に対して50%の割引を与え、新規雇用の小微企業に対しては、一人当たり1000元の一回限りの勤務安定手当などを支給してきた。

  同時に、浜海新区は数多くの措置を実施し、企業の難題を解決した。無料なチャーターカーモードを採用し、直通車を利用して「点対点」で社員を迎え、外地の従業員が職場に復帰するための道を開通した。中韓の「快速通路」を開拓し、サムソン会社の韓国人従業員が無事に天津に到着して仕事を再開するように支援し、重要なプロジェクトの建設を加速させた。「人材誘致のオンラインプラットフォーム」を利用し、感染症が比較的軽い地域と労務協力関係をタイムリーに創立し、募集地図を村まで延び、人力資源サービスの「最後の一キロ」を開通した。

  天津サムソンビジョンモバイル有限会社の李東源総経理によると、天津市、浜海新区、経済開発区の支援と支持を得て、会社の韓国人エンジニアが厳密な予防・抑制を前提にして、順調に天津に到着し、会社の斬新な生産ラインの設立をサポートした。それは企業が天津に根を下ろして成長する自信をかためた。製品の市場占有率の向上につれて、会社は引き続き投資を追加し、新しい生産ラインを設立する見込みである。

  「クラウドで会おう」、フェースツーフェースが「キーツーキー」になり

  審査の面では、感染症の予防・抑制の初期、浜海新区は「クラウド政務」メカニズムをスタートさせ、フェースツーフェースが「キーツーキー」になった。オンラインで処理可能な事項を340項整理し、率先してWeChat公式カウントとウェブサイトなど様々なルートを通じてオンラインサービス項目リスト、操作マニュアルと連絡先を公示し、オンライン指導、承認・審査、手紙で証明書を代るなどの面かいしないオンライン審査を実施した。テストでインターネットが通じなくなったり、ネットの運営ルートが開通していなかったりする169の事項に対して予約制、一回処理、その場で処理などの政策を実施した。感染症予防・抑制期間の最高ネット運営率は97%に達した。渤化グループ、科邁化工などの感染症予防関連企業に対して、「一企一策」に基づいてカスタマイズモードを作り上げ、特別な事項として97件処理した。

  生態城はスマートの手段を利用し、企業の生産再開を柔軟に推進してきた。ファーウェイは生態城にある浜海基地を設立することによって、「面会しない」方法で全市の約800社の企業と事業部門のために遠距離事務システムを構築し、企業の遠距離生産再開をサポートした。税務機構は「チケットe家」サービスを開通した。企業はオンラインで領収書を受け取り、無料で家に郵送してもらい、関連資料を郵送し、オンラインで支払うことができる。雇用問題に対して、生態城と智聯招聘と共に求人クラウドプラットフォームを作り上げ、区内企業に無料で開放し、求人サービスをオンラインにし、「ゼロ接触」の面接を実施した。「オンラインによる求人は速く、実効性が強く、操作が便利で、しかも面接の段階は地域に制限されずに、いつでも応募者とコミュニケーションできます。」と華慧芯科学技術グループチップ工芸部の白国人総監が述べている。実行されて以来、清華大学天津電子情報研究院、全華時代、丹娜生物、美騰科技、泰達空母などの企業と科学研究機関が求人情報を発表した。職位は電子情報、観光、生物医薬、人工知能、ITサービスなどの業界をカバーしている。

  東疆保税港区もサービスモードを革新させ、「クラウド」審査を採用し、リモートデスクトップシェアリング、オンライン会議などの新しいモードを通じて、伝統的なオフライン専門家審査とサービスコミュニケーション会議をオンライン専門家審査とオーディオビデオ会議に変え、企業が順調にプロジェクトを展開することを保証した。

  感染症の予防・抑制は基礎であり、「双戦双勝」は目標である。浜海新区は感染症状況の予防・抑制と管轄区企業の生産再開を両立させ、この硝煙のない戦場で経済発展の「手本」としての姿を明らかにしている。最新の統計データによると、浜海新区の生産再開の効果は明らかで、「四上」企業の生産再開率は99.7%に達し、職場復帰人数は去年の同期を上回り、経験も国家開発発展委員会に認められ、全国に普及している。




津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号