ロケット胴体の溶接難題を解決し  「長征五号」をサポート

稿源:滨海时报   编辑:吴双   2020-07-31 14:24

p1_b

商科NC制御は次世代のインテリジェントアルミニウム合金溶接機の研究開発を受け取り

  

  最近、「長征5号ロケットの胴体AIアルミニウム合金溶接機の製品発表会」が泰達逸仙科学工業園で行われた。会議では、泰達企業の天津商科NC制御技術株式有限会社は長征ロケットに正式にAIアルミニウム合金の溶接機を交付した。この製品の研究開発は天津開発区にある「ビッグロケット」基地の溶接品質に対する要求を満たし、中国の宇宙飛行を護衛する。

  723日、長征5号遥4ロケットのおかげで、天問1号は予定どおり火星へ向かう軌道に投入され、中国の惑星探査の序幕を開けた。長征5号のロケットは泰達で誕生した。それだけではなく、泰達にある企業は先進的な技術と強い実力で中国の宇宙飛行の護衛をしている。

 任務を引き受け、180日で仕事を完成

  関係者によると、これまで中国の宇宙飛行メーカーが使用していた溶接機は主に輸入設備に依存していたが、溶接機の不確かな原因で爆発点が発生し、深刻な場合は胴体が廃棄されるため、溶接機を改造する必要があった。泰達企業の天津商科NC制御技術株式有限会社(以下は「商科NC」と略称する)はこの技術の難点を狙って難関を突破した。溶接分野における長年の技術蓄積と溶接技術の経験によって、次世代のインテリジェントアルミニウム合金溶接機の研究開発を受けた。

  商科NCは半年の間で何度も試験論証を繰り返し、2020120日に方案審査を通過し、6ヶ月以内に製品設計、生産製造、AIシステム開発及び製品システム集積などの仕事を完成することを承諾した。この間、この企業は感染症の影響を克服して、期限通りに新製品の開発と調整を完成し、順調に交付した。

  自主的な研究開発を行い 技術の難関を突破

  溶接機の各パラメータ調整テスト、テストシートのサンプル、アルミニウム合金製品の溶接、溶接点の品質検査によって、商科NC制御が新たに開発されたMDN-1200 AIアルミニウム合金溶接機は宇宙航空溶接の大きな圧力要求を満たすことができ、溶接電流、電圧、抵抗、圧力、仕事率、位置などのパラメータをリアルタイムで記録することができる。AI溶接システムを通じて溶接電流と圧力曲線を同期制御し、最終的に防爆点溶接を実現し、胴体の高品質的な溶接要求と溶接点品質の遡及性を確保した。

  今回の次世代インテリジェントアルミニウム合金溶接機の研究開発は、天津開発区にある天津の次世代運搬ロケット産業化基地(「ビッグロケット」基地)の溶接品質に対する要求を満たし、泰達企業は先進的な技術と強い実力で中国の宇宙飛行を保護した。




津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号