愛の手すりで民心を暖かくし

稿源:滨海时报   编辑:吴双   2020-07-31 14:21

p3_b

コミュニティのお年寄りは手すりを使って胸がいっぱいである。


  近日、「エクソンモービルコミュニティ愛の手すり」プロジェクトがスタートした。新北街迎賓園コミュニティにある131のビルのドアに愛の手すりを取り付けた。廊下の手すりが所定の位置に取り付けられてから住民から好評を得ている。

 関係者によると、迎賓園コミュニティは古い団地が多く、60歳以上の住民が多く住んでい。その中に人暮らしのお年寄りと行動が不便な高齢者も多い。廊下の入り口の1階の階段に手すりがないため、高齢者が階段を降りるのは不便だった。しかも危険性もあった。その問題に対して、迎園コミュニティ委員会は鶴童老年基金と愛心企業と協力して、コミュニティビルの出入り口に愛の手すりを取り付けた。「以前は手すりがなかった時は、階段を上がったり降りたりして、転んだりするのが心配でした。手すりをつけたら、とても便利です。」と迎春里団地に住むおばあさんが言った。

 今後、迎賓園コミュニティは引き続き人を基本にする理念を持ち、住民にサービスを提供し、高齢者に思いやりと協力を提供し、コミュニティの高齢者に快適で安全なコミュニティ居住環境を構築する。




津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号