東湾河村:ペアサポートで成果を成し遂げ、生食向きのトウモロコシが利益をあげ

稿源:津滨网   编辑:吴双   2020-07-31 14:20

p1_b

東湾河村第1期の生食向きのトウモロコシは大きな収穫を得た。


  最近、浜海新区小王庄鎮東湾河村の第一四半期の80余ムーもある生食向きのトウモロコシは豊作を得て、総生産量が約11万穂であった。

  関係者によると、浜海新区の国資委は困難村に対する「六項」のサポート重点任務をめぐって仕事を展開してきた。20178月末に駐村扶助業務を展開して以来、扶助チームは常に目標の方向付け、問題の方向付けを堅持し、弱い部分から整頓し始め、各扶助任務を秩序よく推進し、大きな成果を収めている。特に産業扶助に力を入れて、村の集団収入の増加を実現した。

  生食向きのトウモロコシの科学技術サポートプロジェクトは東湾河村の「一村一品」プロジェクトである。このプロジェクトは2018年に東湾河村に導入された後、天津農科院農作物研究所の専門家の指導の下で栽培され、2018年に村集団の10ムー近くの再開墾地で試植し、収入が1.5万元になり、東湾河村に村の集団経営性収入のゼロ突破を実現した。「2019年に栽培面積を拡大し、2シーズンの生食向きのトウモロコシを栽培するだけで、村の集団経営性収入は約15万元に達し、その他の収入を加え、2019年に東湾河村村の集団経営性収入は20万元を突破しました。」浜海新区国資委小王庄鎮東湾河村扶助組リーダー、村党支部第一書記の賈長龍さんによると、選種から種まきまで、天津市農科院農作物研究所の専門家から畑に指導してもらっていた。今年の第一作は80ムー以上栽培した。年間栽培面積は150ムー以上に達した。生食向きのトウモロコシの生産量は20万穂に達すると予想されている。1年間で二回の収穫と村、村民の「ダブル増収」を実現した。

  関係者によると、扶助工作グループは村に入って以来、田畑に、民衆の間に深く入り込み、調査を展開し、村の両委員会グループ、党員、村民代表との交流を行い、村の状況と民衆の考えを理解し、東湾河村の実際状況を結び付け、王庄鎮の全体計画に基づき、「六項」の扶助任務をめぐって、三年間の扶助計画と年度業務計画を作成し、重点として産業扶助プロジェクトを強調、「強村富民」などの各任務の実施を全面的に推進した。農民の農業技術水準をさらに向上させ、農民の収入を増加させるために、作業グループはまた市農科院、農学院と区農業農村委員会の専門家を招請し、生食向きのトウモロコシの栽培と冬ナツメなどの果樹管理技術の訓練を指導させ、累計で46人の研修を行った。

  今年3月、市農科院の専門家の指導のもとで、東湾河村の第1四半期に分けて、早くて早もち、白もち、果物、黒モチ、彩もちなどの生食向きのトウモロコシを約88ムを栽培し、村グループが主催した万禾合作社が「湾湾河」農産物のブランドを登録した。同時に、駐村工作グループは子供教育などの機構を導入して、東湾河村で農業に関わる社会実践活動を展開し、東湾河村に簡単な栽培、販売から、農事体験、レジャー農業の発展方向に踏み出させ、農業の新しい機能を更に開拓した。




津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号