経済開発区、2019年度のトップ100企業リストが公表され

稿源:滨海时报   编辑:吴双   2020-07-29 16:08

p1_b

陳方平さんが会議で発言している。


  723日、経済開発区2020年上半期の仕事会議及び優秀企業発表会テレビ電話会議が開催された。会議では、経済開発区のトップ100企業リストが公表された。滴滴出行科科学技術有限会社、天津一汽トヨタ自動車有限会社、フォルクスワーゲン自動変速機(天津)有限会社などは経済開発区のトップ100企業リストに入選された。

 高品質発展を促進するためには、高品質な企業の指導と牽引が必要である。1995年から現在まで、25年間にわたり、経済開発区は毎年トップ100企業リストを選出してきた。ランキング上の企業は自身の発展実力を表しているだけでなく、経済開発区の各時期の経済の成長と変遷を目撃した。関係者によると、2019年度経済開発区トップ100企業の営業収入は経済開発区全域の59.2%を占め、営業利益は経済開発区全域の89.2%を占め、税収収入は経済開発区全域の65.0%を占めている。

  経済開発区2019年度トップ100企業の一つである天津ネスレ有限会社(以下、「天津ネスレ」と略称する)の工場長であるMichal Janeczakさんは発言の中で浜海新区、経済開発区が与えた支援に感謝している。彼によると、今年の123日、感染症の影響で、天津のネスレが生産停止を余儀なくされた。間もなく経済開発区は一連の補助措置を打ち出し、企業が負担を軽減し、難関を乗り越えるように支援した。天津のネスレは214日から徐々に生産運営を再開し、現在は全面的に再生産を実現した。彼はまた、現在の中国経済は感染症予防・抑制の中で強く回復し、企業に未来への自信を強めた。未来、ネスレが天津で生産能力を向上させるにつれて、天津品質保証センターのアップグレードに力を入れ、さらに実験室の品質監視と監視能力を向上させる見込みである。

 天津雲聖インテリジェント科学技術有限責任会社の陳方平総経理によると、20181月に浜海新区に加入して以来、浜海新区と経済開発区の強力な支持を得た。科学技術研究開発人材の導入のさまざまな政策を受けただけではなく、上下流のサプライチェーン資源にも大きな力を得て、会社の発展に強い保障を提供した。特に、今年の感染症状況の予防・抑制の間に、経済開発区は会社を追跡してサポートし、会社が秩序よく再生産を実現するように促進する。会社は経済開発区に根を下ろして、経済開発区の発展のために力を貢献する。

  関係者によると、国家レベルの経済開発区の中では、天津経済技術開発区は長期にわたってトップの地位を維持している。今、億元レベルの企業は20社に達し、10億元レベルの企業は170社に達した。国家レベルのハイテク企業を583社持ち、124社の世界500トップ企業が410つのプロジェクトを投資した。




津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号