新河街:多重な措置を実施し、青少年の麻薬拒否能力を増強

稿源:滨海时报   编辑:吴双   2020-07-17 14:02

p1_b



コミュニティーの麻薬取締に関する宣伝力をさらに強化するために、青少年学生の麻薬認識、麻薬拒否、麻薬予防能力を強化し、青少年の麻薬違法犯罪活動を予防、減少し、市民の心身の健康を保護し、社会の調和と安定を促進するために、近日、新河街道の各コミュニティは青少年を組織して、多様な麻薬禁止活動を展開した。

麻薬取締専門家がキャンパスに入り

新河街道震新コミュニティは、麻薬取締委員会の専門家である孟先生を三中心小学校に招き、約60人の青少年に「麻薬取締の歌を歌い、健康の道を歩く」をテーマとする麻薬取締公益講座を開催した。孟先生は実際の案件に基づいて、麻薬が個人、家庭、社会にもたらす危害を説明し、学生たちが麻薬取締の知識を学ぶように励まし、麻薬取締の理念を心に刻み、未成年の麻薬認識、麻薬拒否、麻薬予防の意識を高め、彼が積極的に「麻薬無し家庭」「麻薬無しキャンパス」「麻薬無しコミュニティ」の創建活動に参加するよう指導した。

麻薬の取締は子供から

新河街道高辛里コミュニティは国際麻薬取締デーの宣伝活動を展開した。活動現場では、コミュニティスタッフが麻薬取締のパンフレットを配布したり、LEDディスプレイを使って麻薬取締の宣伝語をスクロールしたりすることで、住民によくある麻薬の種類、麻薬の危害及び麻薬の使用が国家法律に違反することなどの知識を理解させ、住民に麻薬の害をはっきりと認識させ、自覚的に麻薬から遠ざかるよう呼びかけていた。

コミュニティの従業員はまた管轄区内の海麗達美虹幼稚園に行って、教師と生徒全員に麻薬取締の宣伝ビデオを見させ、保護者、子供と幼児のために麻薬の基本知識と重大な危害性を普及させ、「麻薬取締の教育は子供から」の理念を十分に表し、子供に予防意識を高めさせ、小さいときから麻薬から離れるように指導した。

青少年の麻薬拒否能力を強め

新河街道南益コミュニティでは「626国際麻薬取締デー」の宣伝活動を行った。活動はコミュニティ保護学校活動室で宣伝講座を展開したり、ポスターを貼ったり、宣伝ビデオを流したりすることによって、コミュニティの青少年と住民に麻薬取締の知識を宣伝した。コミュニティの従業員は麻薬取締の宣伝材料を詳しく説明することによって、コミュニティの青少年と住民の麻薬取締の意識を高め、麻薬認識、麻薬拒否能力を高め、麻薬取締の意識を強めた。


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号