東疆、第一陣の総合保税区機能プラットホームの建設を開始

稿源:滨海时报   编辑:吴双   2020-07-13 14:49

p1_b

記者会見の現場

   先日、国務院は東彊保税港区の総合保税区への転換を許可した。9日、天津東疆が総合保税区の新機能・新キャリアを開始する記者会見では、次のことが分かった。東疆は総合保税区の新機能・新キャリアの建設を全面的に推進し、政策配当金を利用することによって、新機能の要素を集め、多様化産業形態を求め、アップグレード版のビジネス運営環境を加速させ、地域の高品質的発展を推進することを明らかにした。

  新変化

  世界経済は深刻な変革を遂げ、伝統的な産業の限界は薄れつつあり、産業の溶け合いは常に発生しており、新エネルギーもそれによって絶えず育まれてきている。東彊はこの機会をつかみ、国際自由港の産業特徴をめぐり、新しい機能要素を集めている。新たな産業が絶え間なく参入し、東疆の主導的産業の地位を下げることはない。——東疆管理委員会の沈蕾主任

  政策の優位性がより際立ち

  国務院が公表した『総合保税区のハイレベル開放と高品質的発展の促進に関する若干の意見』(以下は『21条措置』と略称する)に基づき、今回の東疆はモデルチェンジして、総合保税区にアップグレードされ、リース、保税補修、クロスボーダー電子商取引などの業態に積極的な影響を与える。天津税関の劉心同副税関長によると、天津税関は相次いで融資資産の移転、地域間の監督管理、差異化担保などの監督・革新的措置を打ち出し、全国に先駆けて融資・リース業務の発展における難点と渋滞点を解決し、融資・リース業務の戦略的突破を実現した。

  東疆が総合保税区へのモデルチェンジ・アップグレードを見込んだため、今回のエクスプレス航空有限会社の「中塩国際融資リース(天津)有限会社プロジェクト」は東疆に加入した。「東疆の融資・リース産業の集積、産業政策、良好なビジネス運営環境は、企業に東疆で融資・リースプロジェクトを設立することに自信を持たせました。国産航空機のリースと販売の新しいモデルを模索し、今後は大健康機器設備の融資・リースなどの分野にもかかわっていきます。」とエクスプレス航空有限会社の王魁広社長が述べた。

  優位性を集めて新しいエネルギーを釈放

  また、記者会見の現場では、総合保税区のアップグレードによる新たな変化、釈放された新しいエネルギーなどが参加者の話題となっている。

  東疆管理委員会の沈蕾主任によると、東疆総合保税区を建設するためには、国務院が総合保税区の発展を支持するための21条の措置を速やかに実行し、政策を機能プラットフォームと着地プロジェクトに転換し、中国の特色のある自由貿易港の建設のために経験を積み、力を蓄えることが第一任務である。

  「東彊総合保税区の建設を全力で支援するため、東彊海事局は部局及び天津局の関連事項の譲渡を積極的に協調、推進し、「中国東彊」を船籍港として設立するよう努力しています。承認されたら、将来は「中国東疆」船籍港のマークが印刷された船舶が世界各地の港に行き来しているのが見られます。」東疆海事局の畢学軍副局長によると、東疆海事局は積極的に国際航行船舶登録、船舶油汚損保険証書の発行などの関連業務を東彊海事局に譲渡し、総合保税区内に登録された航運企業の船舶をワンストップで近くで関連業務を完成させ、本当に「東疆事、東疆弁」を実現したという。

  「総合保税区の政策が実施されたら、天津港を世界一流の大港に建設し、天津港の高品質的発展にチャンスを提供することができます。港は特殊な業界なので、我々は総合保税区政策の受益者であり、総合保税区政策の推進者でもあります。」天津港グループの王洪海副総裁によると、将来は総合保税区の政策をめぐって、天津港は輸入商品の配分基地を加速させるという。

  国家外貨管理局浜海新区中心支局の王偉亮副局長によると、東疆は総合保税区のプラットフォームをアップグレードさせ、これからの外貨管理政策のフォローアップのためにより大きなスペースを開くという。

  多様化の産業形態を求め

  関係者によると、ここ数年来、東彊の基幹的産業は盛んに発展している。将来、総合保税区の新機能に立脚し、東疆は融資リース、国際貿易とハイエンド水上運輸物流などの産業発展の優位性を頼りに、積極的に保税修理再製造、保税研究開発検査、クロスボーダー電子商取引の輸出入配分、スマートコールドチェーン物流及び文化貿易などの領域を深く掘り出し、多様な、更に港特色のある産業形態を求める。新興業態が絶えずに出現するにつれて、地域の発展における生産力は強化しつつある。

  「世界経済は深刻な変革を遂げ、伝統的な産業の限界は薄れつつあり、産業の溶け合いは常に発生しており、新エネルギーもそれによって絶えず育まれてきている。東彊はこの機会をつかみ、国際自由港の産業特徴をめぐり、新しい機能要素を集めている。」沈蕾主任によると、新しい産業の加入は、東疆の主導的産業の地位を下げることはない。東疆はリース+保険、リース+担保、リース+投資などのモードを通じて、産業間の共生を促進する。例えば、研究開発、検査、設計などの新業態は、将来リース業により多くの応用シーンを提供し、より多くの業務パターンを創造することができる。

  新キャリヤ

  総合保税区の数多くの新機能が正式に実施され

  国務院に総合保税区へのモデルチェンジ・グレードアップが許可されてから二ヶ月足らず、天津東疆管理委員会は昨日、総合保税区の実体機能プラットフォームを建設すると発表した。プロジェクトとプラットフォームの間のきずなとして、ハイエンド装備の研究開発、保税検査、スマートコードチェーン、自動車保税貯蓄など複数の総合保税区の新機能が同時に東疆で正式に実施された。

  現場では、クラウド訪問の形を通して、5つの実体プラットフォームが展示されている。ハイエンド装備研究の開発設計にサービスを提供する中鉄工程装備グループ天津設計研究院、ハイエンド自動車保税展示にサービスを提供する豊馳物のインタネット管理センター、自動車の保税検査にサービスを提供する長春自動車検査センター天津実験室、保税バイオ医薬研究開発、医療器械の輸入にサービスを提供する九州通国際健康城、及びスマートコードチェーンの物流にサービスを提供する華鋭全日物流有限会社。この5つのキャリアプラットフォームは東彊が総合保税区が許可されてから始めて投入する基礎ハードウェアであり、総合保税区の新機能の実施を推進するための重要なキャリアでもある。

  自動車貿易を例にして、天津は全国の完成車輸入の重要な港として、並行輸入自動車の業務量はずっと全国のトップを維持している。東疆でスタートした長春自動車検査センターの天津実験室プロジェクトは、輸入車に強制的な検査と自動車国六排出法規の環境保護検査を提供するための専門機関であり、その営業は総合保税区の検査・修理業務の展開をサポートしている。

  「私たちは早く東彊で一般貿易輸入車の保税保存と展示業務を展開することを期待しています。」と豊馳物のインタネット管理有限会社の責任者が述べた。建設中の豊馳物のインタネットプロジェクトは新しいインフラの代表であり、自動車貿易産業チェーンを完備するための重要な一環でもある。「管理委員会は自動車貿易の発展と付随サービスシステムの構築を非常に重視しています。豊馳物のインタネットプロジェクトは自動車の保税展示取引のために全く新しいプラットフォームを提供します。」と東彊管理委員会新経済の関連責任者が述べた。

  東疆管理委員会の沈蕾主任によると、総合保税区は実は開放型の経済を構築し、産業のモデルチェンジとアップグレードを促進するための優れた先行試行の革新的なプラットフォームである。未来も投資の重要なキャリヤをより引きつけていくという。記者 鄭超越

  新プロジェクト

  一連のプロジェクトが相次いで加入し

  天津東疆が総合保税区の新機能・新キャリアを開始する記者会見では、次のことが分かった。東疆が総合保税区の新機能実施を推進するにつれて、設備の研究開発、コールドチェーンの配分、飛行機リースなどの新しいプロジェクトが次々と東疆に加入してきた。

  記者会見の現場で、東彊管理委員会と中鉄工程装備グループ(天津)有限会社、エクスプレス航空有限会社、中創物流株式有限会社、中機科(天津)自動車検査サービス有限会社、天津出版メディアグループはそれぞれ設備の研究開発、コールドチェーンの配分プロジェクト、航空機のリース、保税検査及び文化貿易と契約を締結した。

  関係者によると、今回契約して加入した中鉄工程装備グループ天津設計研究院のプロジェクトは積極的に全世界の保税修理、研究開発設計などのハイエンド業務を展開し、企業独自の再製造業務の研究、生産、供給、販売、サービス能力を効果的に強化する。中塩国際融資リース(天津)有限会社プロジェクトは、将来的には東彊のリース産業政策の優位性とサービスの優位性を十分に活用し、エクスプレス航空機の建設をサポートし、国産航空機のリースと販売の新しいモデルを模索し、国産民機の販売をサポートする見込みである。中創スマートコードチェーンプロジェクトが完成された後、税関監督の全行程のデジタル可視化、税関監督データEDI自動ドッキング、運送過程の全行程のデジタル監督管理及び可視化監督などの新技術は、貨物の輸出入、低温倉庫保管、荷役運搬の全行程が視認化できるように確保した。中機科車両検査総合サービスプラットフォームプロジェクトは国内港の認証検査業務一体化サービスの空白をカバーし、認証コンサルティング、認証受付、実験検査、快速証明を一体化させ、自動車輸出入の「双方向」検査サービスを実現した。天津出版国際文化発展有限会社プロジェクトは天津出版メディアグループの文化著作権輸出入プラットフォームとして、国内の優秀な文化資源を導入し、「一帯一路」沿線の国家及び地区に図書、文創製品などを輸出し、相応の翻訳サービスを提供する。

  東疆港区にある中鉄工程装備再製造センターは、大国の重器を造る「手」と呼ばれてきた。東疆が総合保税区にアップグレードされた後、中鉄工程装備グループ天津設計研究院も加入し、東疆が同時に研究開発大国の重器を持つ「脳」を持つようになった。天津設計研究院に所属する「三所一部」は今後、トンネル掘削機の再製造の研究開発と技術研究センターとして、保税の研究開発、設計、補修などのハイエンド業務を検討する見込みである。




津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号