中韓の「快速チャンネル」を保障し チャーター機で入国

稿源:滨海时报   编辑:吴双   2020-07-09 15:37

p1_b

外資企業の入国者に入国手続きを済ませ

73日午後、北京・天津にある韓国会社の250人の技術者を乗せた中国国際航空のCA 562便が天津浜海国際空港に到着した。天津空港入国管理ステーションは1時間半で270人近くの旅客と乗組員の入国検査手続きを完了した。

731551分、中国国際航空のCA 562便が韓国ソウルから天津浜海国際空港に到着した。これも天津空港の入国管理ステーションが感染症予防・抑制の間にサービスを提供した3機目の中韓「快速チャンネル」の入国チャーター便である。天津空港入国管理ステーションは「六安定」「六保」の任務要求を厳格に実行し、十分に機能を発揮し、事前に計画を立て、周到に配置していた。飛行機の入国当日には、このステーションの警察官は「一機一配置、一機一方案」の仕事要求に基づき、事前に勤務現場に到着して保障準備を行った。準備が十分で、流れがスムーズで、警察力が正確に投入されたため、最短の時間で旅客と乗組員の入国検査手続きを完成した。この便の入国保障任務を円満に完成した。企業の生産再開と社会経済の急激な発展をサポートした。

新型肺炎の流行が発生した後、中韓両国は率先して共同防衛の協力メカニズムを確立し、感染症予防・抑制措置を実施したうえで、重要人物が往来する「快速チャンネル」を開通した。この重大な決定は中韓の重要なビジネス、物流、生産と技術サービスの緊急人員の往来に便利なサービスを提供し、地域ひいては全世界の産業チェーン、サプライチェーン、物流チェーンの安定的な運行を効果的に保障した。関係者によると、感染症が発生して以来、天津空港の入国管理ステーションは約700名の韓国人員に入国通関の保障を提供した。天津空港入国管理ステーションの関係者によると、このステーションは引き続き感染症予防・抑制と港管理の各措置を厳格に実施し、出入国人員に通関の便利を提供し、企業の生産再開と地域の経済発展をさらにサポートしていくという。




津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号