新型コロナから急速に回復する中国経済

稿源:人民網日本語版   编辑:刘洁珊   2020-07-02 06:08

  2020年は新型コロナウイルス感染症が世界に大きな打撃を与えており、中国経済も例外ではない。

  感染症の打撃の中、巨艦は失速し、逆巻く波の頂点から真っ逆さまに落ちていくような状況だ。第1四半期(1-3月)の国内総生産は前年同期比6.8%減少し、1992年に四半期GDPデータを公表し始めて以来の最低を更新した。また経済を牽引する消費・投資・輸出の「トロイカ」がいずれもマイナス成長になり、前年同期比減少率が10%を超えた。

  打撃と変化する局面に直面して、中国は一連の非常措置を打ち出した。その後、感染状況が日に日に好転するにつれ、中国経済も落ち着いて好転の兆しを見せ、経済活動が再開した。1年の中盤になると、14億人の国民の生活を背負ったこの巨大なエコノミーは感染症という波をかき分け、急速に回復を遂げている。

  製造業PMIが4ヶ月連続でボーダー上回る

  国家統計局がまとめたデータによると、今年6月には、中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)が50.9%となり、前月比0.3ポイント(p)上昇し、4ヶ月連続で50%を超えた。

  PMIは経済をモニタリングする先行指標だ。50%が景気・不景気のボーダーラインで、50%より高ければ経済は拡大傾向にあることになる。普通の状況であれば、PMIが3ヶ月連続して拡張の方向に変化した場合は、経済運営のトレンドが変化し、製造業が緩やかに回復しているとみなされる。

  工業企業の利益が今年初めてプラス成長

  国家統計局のデータでは、5月には全国の一定規模以上の工業企業(年売上高2000万元以上の企業)の利益総額が5823億4千万元(1元は約15.2円)に達し、4月の同4.3%減少から6.0%増加になり、その月の利益増加率がマイナスからプラスに転じ、今年初のプラス成長を達成した。

  国有企業の利益が前年同期の水準を基本的に回復

  財政部(省)がまとめたデータでは、5月の全国の国有企業の利益は前月より増加して、基本的に前年同期の水準を回復した。5月の国有企業利益総額は前月比251.1%増加し、前年同期の94.5%を回復した。

  6月中旬には一連のデータがも好転の兆しを見せている。

  市場での販売状況が3ヶ月連続で好転

  5月には、社会消費財小売総額が同2.8%減少したが、減少幅は前月より4.7p縮小した。デジタル経済の上昇が続き、ライブコマースなどの形態が猛烈な勢いをみせ、1-5月には実物商品のオンライン小売額が同11.5%増加し、増加率は1-4月を2.9P上回った。

  新製品が急速な伸びを示した。5月には3Dプリンター、スマートウォッチ、集積回路に使用されるシリコンウエハー、充電ポールなどの製品の生産量の平均増加率が70%を超えた。

  投資減少幅が3ヶ月連続で縮小

  今年1-5月には、全国の固定資産投資(農家を含まない)が同6.3%減少したが、減少幅は1-4月期に比べて4.0p、第1四半期に比べて9.8p、それぞれ縮小した。ハイテク産業と公共分野への投資がマイナス成長からプラス成長に転じた。

  失業率と物価上昇幅が鈍化

  5月の全国都市部の調査失業率は5.9%で、4月に比べて0.1p低下した。5月の全国の消費者物価指数(CPI)は同2.4%上昇し、上昇幅は4月に比べて0.9p縮小した。

  自動車市場が活発

  5月には一定限度額以上の企業(主業務の年売上高2000万元以上の卸売企業、500万元以上の小売企業、200万元以上のホテル・外食産業企業)の自動車類製品の売上高が同3.5%増加し、増加率は18年5月以降の最高を更新した。

  不動産市場が回復

  5月には、住宅ニーズがさらにパワーを発揮して、大中都市70ヶ所の不動産市場は価格がやや上昇した。5月の個人住宅ローンを中心とした中長期貸出額は4662億元増加し、4月の4389億元より大幅に増加した。

  データはそれ自体は無味乾燥なものだが、そこからはっきりといろいろなことを感じ取れる。

  マクロであれミクロであれ、誰もがデータから中国経済の回復の息吹を感じ取り、回復のエネルギーと拍動を感じることができる。

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号