北大荒、東疆と「手をつないで」 「新しい金融プレート」を「開墾」

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-06-01 08:48

  25日、東彊保税港区管理委員会の関係者によると、北大荒物流グループのオンライン貨物輸送本部とビジネスファクタリングプロジェクトが東疆に加入したという。

  関係者によると、北大荒グループは全国最大の農業グループであり、中国現代化農業のリーダー企業である。その傘下の北大荒物流グループは国家「AAAAA」レベルの物流企業で、国内物流分野でサービス機能が最も完備している企業の一つである。今回、北大荒物流グループは東彊にオンライン貨物輸送プラットフォームの本部を設立し、「インターネット+物流」の新しい方法で食糧輸送、コールドチェーン物流などの業務を最適化させるとともに、ビジネスファクタリング支社を配置し、グループ貿易、輸出入などの業務金融サポート機能をさらに向上させ、東疆で貨物物流、資金流、貿易を一体化する生態システムを構築している。

  将来、東彊は引き続き天津自由貿易区の政策機能の優位性と産業革新の優位性を発揮し、中央国有企業がオンライン貨物輸送、プラットフォーム経済、新金融などの分野で革新的に発展し、コストを削減し、効果を増強し、全産業チェーン統合の優位性を向上させるようにサービスを提供、指導している。記者 趙賢鈺

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号