第一四半期、経済開発区の雇用安定措置が効果を見せ

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-05-26 09:04

記者 賈成竜 撮影

  感染症対策と経済社会発展を両立させる「双戦双勝」の目標に導かれて、天津経済技術開発区は全力をあげて企業の生産再開を促進し、「危険」を「チャンス」にし、雇用促進、人材育成、社会保障などの面で優れた成果を成し遂げた。記者 張文弟

  企業を支援、雇用を安定させ、人的資源の供給を保障

  経済開発区は様々な優遇政策を企業に正確に送り届け、企業に政策のボーナスを活用させ、現金で企業を補助、企業の雇用安定をサポートし、職場の継続を促進した。国家、天津市が打ち出した雇用安定、生産再開促進政策を整理し、16件の政策実施細則と申請ガイドを公表し、インターネット、WeChat、メッセージ、グリッドなどのルートを通じて、全区の各企業に向けて「点対点」で宣伝を行っている。

  第一四半期、経済開発区は延べ5223人に失業保険金を978.84万元支給し、累計で雇用を安定させるための補助金を8520万元支給し、19.88万人の職場を安定させ、1775社の企業に利益をもたらした。そのうち、延べ432人のために学歴、職名、技能向上のための補助金を49.55万元支給した。サムスンハイテク電機、PPG塗料など1775社の企業に失業保険の返還、長期契約の社会保障補助金の延長など、さまざまな補助金を全部で8470万元申請した。

  感染症予防・抑制の間、企業は構造的、段階的な人員不足、労働者不足の問題に直面している。労働力外向型輸入地区として、経済開発区病は輸入感染症のリスクを防ぐための「労働力予防」と企業の生産再開及び更なる発展に必要な「労働力の奪い合い」を両立させ、多方面にわたって人的資源保障システムを構築し、企業の雇用量を確保し、企業の雇用増加を保障し、経済の持続的発展を維持し、地域全体の雇用態勢が好転するように促進している。

  導入と育成を重視し、人材作業を推進

  第一四半期に、経済開発区は、人材を957人導入した。「海河英才」政策が実施されて以来、累計で人材を16013人導入した。タイプ別では、学歴型が47%、資格型が7%、技能型が40%、起業型が3%、緊急型が3%を占めている。企業のポストドクターワークステーションが12社、ポストドクター革新実践基地が9社増加し、累計でポストドクターワークステーションと革新実践基地を117社設立した。6人のポストドクターの採用審査と1人の中間審査を完成した。

  経済開発区は職名業務オンライン訓練を4回実施し、累計で300社以上の区内企業にサービスを提供した。専門技術人材の初、中級職名改革を完成し、職名電子証明書を700枚以上を発行した。第一四半期に、一汽トヨタ、サムスン電機、薬明康徳、凱莱英、泰達潔浄など100社以上の重点企業が53963人の研修を展開するように促進した。その中、「オンライン研修」に参加した企業従業員は50883人で、「業務による研修代行」に参加した企業従業員は3080人であった。

  「易」で「病」を克服し、サービスがより効率的に

  感染症の影響を受けて、第一四半期に経済開発区の人力資源と社会保障サービス窓口は全部で49299件の業務を展開し、前年同期比で27%減少した。政策で引き換えられた金額は7815.45万元で、前年同期比で804%急上昇した。窓口業務の「一降一昇」は、政府が先駆者になり、民衆が応答し、両者が手を携えて感染症と戦い、共に困難を乗り越える泰達の実践をある程度示している。

  感染症が発生した後、企業と個人の業務需要を解決するために、経済開発区は7日間だけで「オンライン処理、携帯電話処理、いつでも対応する」泰省事オンラインサービスホールを急速に構築し、19種類で115件の業務をオンラインで展開することができるようにした。「泰省事」公式アカウントを利用し、47期の業務担当マニュアルをタイムリーに宣伝した。同時に、10台以上の業務コンサルティング電話番号を簡単で覚えやすい25202020に統一させた。「易」で「病」を克服することを実現した。2月3日に泰省事オンラインホールが開設されて以来、登録ユーザーは約5000人、登録企業は約2900社に達し、累計で各種業務を3万件以上受理し、面会しなくても効率てきにサービスを提供することを実現した。

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号