第一四半期、ハイテク区の対外貿易額が上昇

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-05-26 09:02

  浜海ハイテク区の関係者によると、税関の統計によると、第一四半期、ハイテク区の対外貿易輸出入額は合計で49.8億元で、前年同期比で16.7%伸びた。その中、輸入額は22.3億元で、70.6%伸びたという。

  対外貿易が逆に成長したのは、ハイテク区が感染症防止対策補助金を支給し、企業の生産能力の解放を加速させたからである。ハイテク区管理委員会は1億元の特別資金を手配し、区内の重点企業に対して生産再開の補助金として支給し、企業の生産に「強心剤」を注入し、重点外資貿易企業の生産能力の釈放を加速させた。また、ハイテク区は企業駐在感染症防止協力サービスを着実に行い、企業の生産再開を促進してきた。現在まで、累計で政策宣伝を77552回展開し、感染症防止対策業務を41090回指導し、企業問題を3449つ解決した。

  ハイテク区は区内の重点外資貿易企業の生産再開状況を真剣に整理し、歌美颯、賽象、盛実百草、重鋼機械、安富利、シーメンス軌道交通、天地偉業などの規模以上の工業企業と国際注文を履行しなければならない外資貿易企業の生産再開を優先的に推進している。これまでに、ハイテク区の規模以上の工業企業と国際注文を履行しなければならない企業の生産再開率は100%に達した。

  ハイテク区の関連責任者によると、次は引き続き監視・運営サービスを強化し、重点企業と緊密なコミュニケーションメカニズムを構築し、税関、税務などの駐在機構と緊密に協力し、情報共有、共同研究、事前サービスを行い、企業の問題と訴求に対してグリーンチャネルを開拓し、直ちに解決するという。また、政策システムの整備を推進し、自由貿易試験区の拡張業務のプロセスを引き続きフォローし、周辺地域の税関特殊監督区域との相互協力を模索し、対外貿易新業態プロジェクトの入区を誘致する。企業が市場を開拓することを奨励し、第三回中国国際輸入博覧会を開催し、企業の輸入規模の拡大をけん引し、伝統市場を固めたうえで、貿易パートナーの多元化プロセスを推進する。記者 単毅

津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号