ゴールデンウイークにシーフードを満喫 浜海新区は既に用意

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-04-29 09:27

清潔なレストランで食客を安心させる。

  飲食業界が盛んになれば、消費が盛んになる。感染症に直面し、浜海新区の飲食業界はゴールデンウイークの準備ができているか。生産再開してから時日が経った。飲食市場はどのように変化しているか。4月27日、記者は浜海新区の飲食市場を訪問し、市民の祝日消費のために事前調査を行った。

  飲食店が特別価格のセットで人気を集めている

  ハルビン出身の邢忠濤さんは今年1月の初めに新北街工農村の近くで「淮南牛肉スープ」店をオープンしたばかりだった。ところが、感染症の影響で、開業してから半月だけで店が一時的に閉店した。4月初め、邢忠濤さんの店は再開した。最初は住民が食事に来ないので、ちょっと寂しかった。しかし、彼はあきらめなかった。そして、肉夾モー、ワンタンなどの朝食を増やすつもりである。人気を集めるために、邢忠濤さんは最近10元ぐらいの定食を出した。「ゴールデンウイーク」が近づき、邢忠濤さんは自分の努力が無駄にならないことに気付いた。最近、売上がだんだん良くなってきた。「希望が見えてきましたよ」と笑って言った。

  特色のあるレストラン

  消毒施設を増やして食客を安心させ

  新港二号路の近くにある「合家レストラン」は地元ならではのシーフードを専門に扱うレストランである。再開してから一ヶ月も経たないが、「常連客」の利用が多い。オーナーの趙清科さんによると、出前はほとんど利益がないから、彼のような地元のシーフード料理を販売するレストランはあまり出前業務を展開したくないという。

  趙清科さんは店を再開する二ヶ月前に蒸気消毒機を注文し、そして従業員に店内を大掃除させた。営業再開したばかりで、店内で食事代の10%割引などの優遇キャンペーンを実施した。最近は売上がだんだんよくなり、多くのお客さんが使用中の蒸気消毒機に気づいた。お客さんからみれば、レストランは食品衛生、食器清潔を重視し、それこそが消費者の健康に対する保障である。

  中高級レストラン

  特色のあるサービスを提供し

  シーフードの選択と持ち帰りが可能

  ゴールデンウイークが近づいてきた。この数日間、北塘古鎮の観光客がだんだん増えてきた。古鎮海鮮街のレストランの「漁民船説」は昼食の時間帯にも多くの観光客を接待した。オーナーの鄭さんによると、シャコと地元の特色のある海鮮炒めも観光客に人気がある。感染症対策と対応するために、オーナーの鄭さんは店内に対していろいろな手配を行った。「ゴールデンウイーク」の間に観光客が店での飲食を保障した。最近、彼女もインタネット通販を始め、出前サービスを出して、現地市場の経営面を拡大したいと考えている。

  現在、多くのレストランが「シーフードの持ち帰り」サービスを提供し始めた。観光客は直接にレストランから海鮮を買うことができる。地元の海鮮専門家は観光客のために直接的にシーフードを選び、店が梱包して箱に詰める。「古い町で食事をしながらレストランのオーナーから海産物を選ぶ経験も聞けました。本当に得しましたよ。」と北京から古鎮へ旅行に来た劉さんが言った。

  北塘古鎮の向かい側にある「漁民新村」は高級レストランで、地元の海鮮料理を専門に扱っている。レストランの主要責任者の胡春華さんは店内のキッチン写真をモーメンツにアップロードし、レストランのキッチンの状態を一目で見られるようにした。「消費者は私たちの作業室をより直感的に見ることができます。お客さんが安心して食べることが一番大切です。」と胡春華さんが述べている。

  政府がサポート

  飲食企業の営業再開が上乗せ

  浜海新区料理協会会長の王恩来氏によると、最近、政府機構と飲食企業が共同で努力し、感染症対策を検討し、飲食業界をサポートしている。現在、天津市、浜海新区の飲食業に対する支持政策はすでに基本医療保険の減免、水電気料金の割引、小規模企業の減税、賃貸料の減免などの面で現れている。数多くの飲食業者によると、政府の支援により、企業は生産回復に自信を持つようになった。サービス理念を強化し、経営方式を転換させ、飲食消費のハイエンド化、個性的な発展の傾向に適応してこそ、より広い発展空間が得られるという。記者 張瑋撮影報道


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号