感染症が発生して以来、浜海新区最初の再製造シールドマシンが製造完成

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-04-28 09:25

  26日、中鉄工程装備グループ(天津)有限会社の関係者によると、同社が製造した中鉄829号(使命号)のシールドマシンが再製造の組立を完了し、お客様の検収に合格し、まもなく北京地下鉄12号線の四季青駅から遠大路駅の間のトンネル工事現場に輸送される見込みである。関係者によると、「中鉄829号」再製造シールドマシンはもともと「中鉄367号」土圧シールドマシンであった。感染症が発生して以来、浜海新区で初めて出荷された再製造シールドマシンである。再製造任務の中で、今後の施工過程においてシステムが安定して運行できるように、製造側はこの設備のために主駆動モーターのセットを追加し、刀盤トルク係数を向上させ、北京プロジェクトの地質需要を満足させた。文/記者 趙鈺 写真/記者 何沛霖


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号