苟利軍氏一行が浜海新区で調査・研究を行い

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-04-27 09:08

  4月25日、天津市関愛退役軍人協会会長の苟利軍氏一行は浜海新区で調査・研究を行った。浜海新区の「退役軍人の家」の建設経験を総括し、「退役軍人の家」の建設を向上させることを検討した。天津市関愛退役軍人協会副会長の于秋軍氏、韓啓祥氏、張瑞新氏、天津市関愛退役軍人協会秘書長の宋燕鳴氏が参加した。区委員会副書記、区長の楊茂栄氏が同行した。

  苟利軍氏一行は胡家園街道の「退役軍人の家」、泰達街道の華納団地の「退役軍人の家」、新河街道の「退役軍人の家」を見学し、浜海新区関愛退役軍人協会会長の劉明森氏から、浜海新区各レベルの協会と退役軍人の感染症と戦う状況、「退役軍人の家」の建設状況、次の仕事について詳しく聞いた。浜海新区が「退役軍人の家」建設で成し遂げた成果を十分に認めている。苟利軍氏によると、浜海新区は強い責任感と進取の精神で退役軍人の事務をしっかりと行い、特に感染症予防・抑制の間、各レベルの関愛協会と関愛サービスステーションは、積極的に退役軍人を組織し、区委員会、区政府の各プロジェクトの配置要求をしっかりとめぐり、感染症予防・抑制の制撃戦に全力を尽くして対応し、顕著な成績を成し遂げ、各仕事は全市の前列に立っている。浜海新区の退役軍人は退役しても志を引くことなく、軍隊を離れても党を離れなることなく、感染症との戦いという重大な瀬戸際に勇敢に立ち向かって、逆行、突撃し、必死に頑張り、主力軍と突撃隊の重要な役割を発揮して、感染症と戦うために際立った貢献をした。浜海新区には退役軍人が多くいる。退役軍人の人数が多く、分布が広く、仕事量が多い。さらに仕事のレベルを向上させ、強い責任感と深い感情を持って、退役軍人の仕事をしっかりと行わなければならない。

  サービスと思いやりを退役軍人の仕事をしっかりと行うための主軸として、政策法規を全面的に改善、実行し、サービス保障システムの規範化と標準化建設を強化し、仕事チームのサービス能力を高め、責任と感情を持って雇用配置、優待褒揚、権益保護、サービス管理などの仕事を行い、退役軍人の獲得感、幸福感、栄誉感を絶えずに増強しなければならない。家族のように彼らに関心を持ち、生活の中で直面する困難を丁寧に解決してあげなければならない。訪問・慰問する仕事の制度化、常態化を行い、新年や祝日には電話かメッセージで挨拶をし、党と政府の暖かさを退役軍人一人一人の心に送り届けなければならない。

  楊茂栄氏によると、浜海新区の各機構、各部門は退役軍人の仕事を高度に重視し、中央、市委員会市政府の退役軍人に対する指示に従い、退役軍人に対するサービス保障活動を着実に行い、退役軍人の合法的権益を維持し、彼らの仕事と生活保障をきちんと展開しなければならない。「退役軍人の家」の建設をさらに把握し、既存の成績に基づいて、さらに推進し、規範を把握し、細部を把握し、向上させ、革新させ、「退役軍人の家」の関心とサービスを確実に発揮し、退役軍人の仕事における陣地キャリアの役割を発揮し、全力を尽くして退役軍人の仕事をしっかりと行い、新時代の浜海新区退役軍人仕事の新局面を開拓していかなければならないという。

  副区長の張国盛氏、趙永強氏、区政府党組員成員、事務室主任の蒋鳳剛氏及び区退役軍人事務局の主要責任者が参加した。記者 王建喜


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号