天津税関、京津の数多くの機構と協力して18件の措置を実施、クロスボーダー貿易とビジネスの運営環境を改善

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-04-17 09:54

  記者 趙賢鈺

  天津税関の関係者によると、クロスボーダー貿易のビジネス運営環境を引き続き最適化させるために、天津税関は京津両地のビジネス、港などの機構と連携して、通関申請の監督・管理改革を深化させ、港の物流と電子化の操作を実現するための5方面で18項の措置を加速させ、「京津冀通関便利化」ブロックチェーンシーンの応用を推進し、京津冀三地の税関通関、港物流データのアップロードとシェアリングを促進し、クロスボーダー貿易のビジネス運営環境を引き続き改善する。

  関係者によると、この5つの方面には、通関申請の監督・管理改革の深化、港の「三陽サービス」環境の改善、港の物流と操作の電子化の加速、「単一窓口」などのマルチプラットフォームの集積効果の発揮、公衆による監督・評価メカニズムの確立が含まれている。

  「7×24時間」の貨物引き渡しサービスを提供

  輸出の事前申請のカバー率を拡大するために、「輸出直装」をさらに改善し、港管理証明書のペーパレス化を推進する。「柔軟な検査方式」のパイロットを展開し、税関での検査協力を免除する。税関全体の通関時間を公開する。

  港の「三陽サービス」環境を最適化させる面においては、陽光サービスの時効を向上、改善する。天津港は作業効率審査、サービス時効承諾、埠頭区内の検査などの措置を打ち出し、「陽光価格+陽光サービス+陽光効率」を公布し、更に企業の期待を強め、港作業時の標準2.0版を細分化させ、引き続き蒸し、消毒などの検疫の料金を規範化させる。

  港の物流と操作の電子化を加速させる面では、貨物引き渡しの電子化の試行を推進し、貨物引き渡しの手続きを簡略化させ、貨物引き渡しの電子化を試行し、「7×24時間」の貨物引き渡しサービスを提供し、さらに港操作業務のペーパーレス化を推進する。

  集疎港スマートプラットフォームの建設を推進

  注目を浴びる「単一窓口」などの多プラットホームの集積甲かを発揮する面では、「京津冀通関の便利化」ブロックチェーンシーンの応用を促進し、京津冀三地の税関通関、港物流データのアップロードとシェアリングを促進し、国際貿易「単一窓口」にある「自動車部品自動補助申告システム」を普及させ、自動車部品類商品税関申請操作を簡略化する。北京国際貿易「単一窓口」と天津市港の統一料金管理サービスを推進する。天津港の料金徴収と決済の「ワンストップ式サービス、一括処理、一体化管理」を完成する。天津港の集疎港スマートプラットフォームの建設を推進し、貨物の港滞在時間を短縮させる。

  公衆による監督評価メカニズムの確立において、社会監督員制度を確立し、輸出入の全プロセス、全方位、全員を監督し、問題を収集、発見し、合理化の提案を提出し、港のビジネス運営環境を最適化するために建設的な役割を果たす。通関の民衆コメントメカニズムを確立し、民衆の参加を促進し、港の経営監督管理に存在する問題を反映し、アドバイスを提案し、港の監督管理と経営サービス会社を評価する。


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号