新区商業貿易小売業、「生活の気配」がだんだん濃くなり

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-04-16 12:40

  先月の中旬から、浜海新区の大型スーパーマーケットは徐々に営業を回復し始めた。もう一か月経ち、運営状況がどっているか。お客の数が着実に向上しているか。感染症対策の影響に対して、各スーパーマーケットはどのように市場の回復を促進するか。先日、記者は新区の商業貿易小売業に対して取材調査を行った。

  売り上げ、人気が徐々に回復

  「グループは先月営業を再開したばかりの頃、一日当たりの顧客の数が感染症前の約40%でしたが、ピーク時は感染症前の6割まで回復し、各売り場も回復しつつあります。」金元宝グループの関係者によると、売上データから見ると、現在の家電、化粧品、黄金類の商品の販売は回復し、特に家電類の商品は需要、季節及び関連のセール活動の影響を受けて、売上高はほぼ前年同期のレベルに回復した。今は消費者が店で買い物をする時に、目的性が強くなった。

  イオンドリームパーク天津泰達店、浜海万達広場などの大型ショッピングセンターでは、映画館、子供室内楽園などの業態は業態をしばらく見合わせている。最近、ここの一日当たりの顧客の数が明らかに回復した。「私たちは今、一日当たりの顧客の人数は通常の7割ぐらいまで回復しています。平日は毎日1万人余りで、週末は約2万人で、店で食べる消費者もだんだん増えています。」とイオンドリームパーク天津泰達店の関係者が述べている。

  さまざまなドイベントで活躍する市民のオフライン消費

  この間、感染症が発生し、商業貿易小売業は深刻な影響を受けた。感染症の状況が次第に抑制され、商業が次第に回復した。浜海新区の商業貿易キャリアは安全予防・抑制を着実に行った上で、様々な活動を開催し、市民のショッピング需要を満たし、オフラインの消費を促進し、新区の商業雰囲気を活発にする。

  「この時期はブランド会社と毎日交流しています。特殊な時期に、安全対策を着実に行いながら、徐々に園区の人気と売り上げを回復しています。最近では、アディダス、ナイキなどのスポーツブランドの割引セールが始まりました。全体の売り上げを促進し、園区にも人気を募らせました。現在売り場の顧客の数は大体感染症前の六、七割に回復しています。平日は二千人ぐらいで、土日は三四千人です。」と友阿アウトレット市場部の関係者が述べている。

  浜海新区万達広場では、「割引券は全国民大放送」活動を開催し、4月1日から4月30日まで、期間限定で400枚を配布し、30日間連続で60万枚を配布しています。消費者はオンラインから浜海万達ミニプログラムで回転盤抽選に参加したり、現場のバーコードで揺れ動く活動に参加したりすることによって、いずれも割引券を獲得する機会がある。「売り場にある服や飲食店の取引先の参加度が非常に高く、市民の間でも非常に反響がよくて、売り場の人気回復に効果的です。」と浜海万達広場の関係者が述べている。

  「クラウドショッピング」を生放送することで、注目度を向上

  最近、新区の各大型商業貿易小売店はオフラインの活動のほか、次々と「クラウドショッピング」を開催し、生放送などの各種のルートで販売を促進し、「クラウドショッピング」の促進効果が明らかになった。

  「私たちはWeChatアプリを開発しました。毎日消費者はいろんな商品の展示を見られます。家を出なくてもショッピングできます。オンラインで製品を見て質問を提出します。最近、私たちのオンライン取引額はかなりいいです。統計によると、現在のオンライン生放送売上高がグループ全体の売上高の10%を占めています。」金元宝グループの関係者によると、販売の生放送は以前、オフラインおける買い物体験に依頼するマーケティングモデルから脱却し、オフラインからオンラインの消費シーンへの移行を実現したという。

  友阿アウトレットでは、園内は毎日3回以上のオンライン中継を行う。園内の各ブランドはほとんど参加した。「毎週金曜日の夜には、グループ本社で『スーパー金曜日』の大型ライブが行われます。数多くのブランドはセールキャンセルなどのイベントを開催します。実際には、この間に各ライブも、園区にいい売り上げをもたらしました。例えば、先週からある消費者が園内のブランドの生放送を見て、機構のために5万元の関連商品を仕入れました。」と関係責任者が述べている。記者 趙賢鈺


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号