東疆保税港区リース企業、国内資本のパイロットとして承認を受け

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-04-15 10:10

  13日、東彊保税港区管理委員会の関係者によると、天津市金融局、天津市税務局は天津浙北リース企業に対し、国内資金融資リース業務の試行を許可した。それは感染症予防・抑制の間、天津市で始めて許可された内資融資リース試行企業となった。

  関係者によると、天津浙北リース有限会社は東疆保税港区に加入し、登録資金が1.7億元で、湖州市交通投資グループ有限会社の全額出資子会社として、主に交通、エネルギーインフラ、新エネルギーバスなどの融資リース業務に従事する予定である。湖州交通投資グループ有限会社は湖州市委員会が指定した四大国有グループの一つで、資産総額が約500億元で、すでに道路、鉄道、エネルギー、商業貿易物流、投資などの多元的な業務プレートが共に発展する構造を形成している。将来、東疆保税港区は「産業第一、企業家トップ」の仕事理念を終始して堅持し、各地の企業と一緒に感染症対策と経済社会の発展を共に促進する「双戦双勝」を実現するために努力する。記者の趙賢鈺


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号