泰達株式、昨年の売上高が200億元を突破し

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-04-14 08:51

  4月10日、泰達株式は勝利の知らせを再び伝えた。2019年度の年間営業収入は初めて200億元を突破し、資産の品質が引き続き上昇し、資本の実力がさらに強まった。昨年の比較的にきついマクロ環境の中で、泰達株式は一連の「コンボパンチ」を通じて、「時間と空間を取り換え」を実現し、会社戦略の着実な推進と生産環境保護産業の入区を実現した。

  資産の質が持続的に向上

  資本の実力がさらに強まり

  10日、泰達株式2019年度報告書が予定通り公開された。関係者によると、2019年、泰達株式の経営効果は引き続き好転し、営業収入が初めて200億元を突破し、年内に201.61億元を実現した。3.16億元の純利益を実現し、それぞれ前年同期比で4.83%と2%伸びた。資産負債規模、負債率は前年同期比で2.55%低くなり、短、中長期負債比率は正常配分に回帰し、良性の傾向が明らかになった。資産の品質が向上し、上場会社の株主の純資産は前年同期比で19.81%増の48.07億元に達した。枝を削り、木の幹を強め、資産を統合することで、資産の質をさらに向上させ、リスク抵抗の力を強めた。資本の実力はある程度強化し、資金準備は緩やかに伸びた。昨年の比較的にきついマクロ環境の中で、泰達株式は一連の「コンボパンチ」を通じて、「時間と空間を取り換え」を実現し、満足させる答えを出した。報告期の末から年報の開示までの間、「防疫債」の発行に成功し、泰達株式に再び資本力を獲得させた。

生態環境保護産業が加入

  二つの主要企業が協力して推進

  泰達株式の関連責任者によると、2019年、会社の戦略が着実に推進され、生態環境保護産業が加入し、同分野にある二社の主要企業である泰達環境保護、泰達潔浄が成長してきた。泰達環境保護は一年間の純利益が1.92億元で、史上最高を記録し、前年同期比で50%以上上昇し、「大きくて強い」目標を目指して着実な一歩を踏み出した。「初志を忘れず、使命を銘記する」をテーマとする教育期間の「三連撃」は引き続き、冀州、安丘、昌邑の三つのゴミ焼却発電プロジェクトを獲得した。武清、宝坻、遵義、遵化などの建設中のプロジェクトも秩序よく推進されている。現在、泰達環境保護プロジェクトは全国の7省13都市をカバーし、約1億人の市民にサイクル経済サービスとクリーンエネルギーを提供している。感染症予防・抑制の間、天津当地の双港と貫庄のある二軒ののゴミ焼却発電所は25軒の病院の生活ゴミの無害化処理任務を引き受けており、医療機関の生活ゴミを2000トン以上処理し、感染症対策を支援し、都市生活をより安全、衛生、清潔にした。

  報告期末から年報の公示期間にかけて、泰達潔浄会社は全国に注目される会社になった。感染症予防・抑制の間、「国家第一陣の重点感染症予防物資保障機構」として、泰達潔浄は全力を尽くして、正月も休まずに、「泰達芯」の生産を続け、続々と「前線」に送っている。7名の定年前の「戦士」が「銀髪突撃隊」を結成し、徹夜して技術の改善と生産能力の向上を促進した。3日間も繰り上げて、中央のマスクフィルタ調整任務を完成した。10日間でクリーン作業場を建設し、1ヶ月で医療用N 95マスク生産ラインの審査と生産を開始した。泰達潔浄は絶え間なく「泰達スピード」を更新し、「泰達精神」を解釈し、速やかに湖北を支援し、中央と国務院の高い評価を得た。その後、国内の感染症の予防・抑制段階における勝利に伴い、直ちに「西線戦場」に転戦し、世界的な感染症対策に積極的に貢献した。

「泰達株式のこの答案は、会社の戦略決定を守るためのものであり、『新時期の二次創業』を固めるための必然であり、更に泰達人全体が頑張ってきた結果である。」会社の関係者によると、2020年は「十四五」の開局年であり、泰達株式は引き続き会社の発展戦略を着実に推進し、「美しい都市生活の創造者」になることを目指すという。記者 張文弟 通信員 陳翀 尚志 報道


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号