東疆保税港区、第一四半期の入区企業は前年同期比で18%増加

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-04-11 10:26

  ■ 第1四半期に新規登録企業が540社増加し、前年同期比で18%上昇し、登録資本金が418.5億元(増資を含む)増加した。

  ■ 企業支援資金を約3億元支払い、企業が約25億元の融資金を獲得するように指導し、債務、ファクタリング、物流金融などの方式で企業が約100億元の優秀融資金を獲得するように支援した。

  ■ 記者 趙賢鈺

  感染症予防・抑制の間、東疆保税港区は経済発展を引き続き推進している。自由貿易区の機能革新と便利な「クラウド」企業誘致サービスに基づいて、東疆保税港区は感染症対策と経済建設を両立させてきた。第1四半期に新規登録企業が540社増加し、前年同期比で18%上昇し、登録資本金が418.5億元(増資を含む)増加した。

  優勢産業の集積が加速

  機能革新を着実に推進

  今年の第一四半期、東疆保税港区で優勢産業の集積が加速し、機能革新が推進されている。融資リース分野では、南航リース、京津冀リース、浙北リースなどの優良リース企業が相次いで加入した。航空、新エネルギー、無形資産などの分野をカバーしている。ビジネスファクタリングの分野では、小米ファクタリング、美的ファクタリングが相次いで増資し、プラットフォームの優位性を発揮し、上下流企業の生産再開を促進し、中小企業の融資のために困難を解決した。また、長久智運と鉄鉄物流は天津市で初めてインターネット貨物運送の免許を持つ企業となり、東疆保税港区が全国トップのスマート物流モデル区になることを示し、東疆保税港区の機能革新をさらに促進していく。

  優位産業が集積し、経済発展の質が高い裏には、東疆保税港区管理委員会企業サービスチームと金融、税関、外貨、税務、市場監督などの機構が力を合わせて協力し、新情勢に応じてサービス方式を引き続き転換する努力がある。感染症予防・抑制の間、複数の機構は直ちに「クラウド事務」「クラウド審査」「クラウドサービス」などのオンラインサービスを開始し、フェースツーフェースのコミュニケーションをスクリーン対スクリーンの交流に変えて、「接客庁」をインタネットに移動させた。「感染症はウイルスを阻止し、協力して発展する願いや連携・ウィンウインの期待を阻止できませんでした。我々はこの前に東疆保税港区と「クラウド調印」をしました。このような革新的な契約形式はとてもいいです。形式は簡単ですが、内容は着実な本物です。」と厦門象嶼株式有限会社の関連責任者が述べている。この世界トップ500企業は最近、東彊保税港区に2つの会社を設立した。東疆保税港区の政府サービス、業界集積、自由貿易の革新などの優勢性を利用し、象嶋グループ物流プレートのコスト削減と効果増進、北方地域の輸出入貿易、大口商品取引業務の成長と強化を促進した。

  企業の生産再開を支援

  企業支援措置が次々と実施され

  企業の生産再開を着実に推進することは東疆保税港区の第一四半期の重要な仕事である。感染症が発生して以来、東彊保税港区は企業の生産再開を支援するための「パイロット」と「交換手」になった。企業支援資金の支給を加速させ、企業に国家特別貸付金の申請、特別な超過額外債の指標の申請、FTアカウントの開設を指導してきた。現在までに、東彊保税港区はすでに各種のルートを通じて 「東疆21条」の企業支援資金を約3億元支払い、企業が約25億元の融資金を獲得するように指導し、債務、ファクタリング、物流金融などの方式で企業が約100億元の優秀融資金を獲得するように支援した。

  「東疆保税港区は今後も引き続き産業の優位性を発揮し、機能革新とサービス革新を着実に推進し、特殊な時期に企業の生産再開を促進するための『パイロット』と『交換手』としての役割を演じ、企業の困難を解決し、地域の高品質な発展を推進していきます。」と東疆保税港区の関連責任者が述べた。


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号