クラウド技術で新区の企業誘致・資金導入にサービスを提供 

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-04-10 11:55

  ■WenLinkインテリジェントワークプラットフォームは材料投射、ビデオドッキング、技術問答などの機能を実現でき、非常に成熟したシステムである。感染症予防・抑制の間、このシステムはビデオ会議の製品として対外サービスを提供し、契約をより簡単、効率的、安全にすることができる。

  ■ WenLinkインテリジェントワークプラットフォームは、携帯電話、PADおよびPC端末を含む少なくとも1000個の端末の同時アクセスを満たすことができる。今後、ファーウェイ浜海新区基地はさらに地元政府、企業にクラウド技術サービスを提供し、地域経済の良好かつ迅速な発展を推進する。

  何枚かのスクリーン、いくつかの会場、何人かのマスクを着用した契約者と契約書は、山海を挟んでいるが、未来に繋がっている。これは4月8日に天津市政府が開催した2020年重点企業誘致・資金導入プロジェクトの「クラウド調印式」というイベントが呈した新たなシーンである。新区の一部の機構の「クラウド調印」に技術保障を提供しているのは、中新天津生態城に位置するファーウェイ浜海新区基地である。

  「私たちは昨日10時過ぎから調整を行いました。六七時間で関連仕事を完成して、生態城と浜海新区の一部の政府機構、企業が順調に契約を完成するように保障しました。」ファーウェイ浜海新区基地の関連責任者の周広慶さんによると、今回、天津市の集団調印式で利用されたのはファーウェイWelinkインテリジェントワークプラットフォームである。現在、ファーウェイの従業員は18万人で、世界各地に分散している。このWenLinkインテリジェントワークプラットフォームはファーウェイの従業員がビデオ会議を開催するときによく使うシステムである。このプラットホームは材料投射、ビデオドッキング、技術問答などの機能を実現でき、非常に成熟したシステムである。感染症予防・抑制の間、このシステムはビデオ会議の製品として対外サービスを提供し、契約をより簡単、効率的、安全にすることができる。

  「クラウド調印式」の順調な展開を保障するために、ファーウェイは今回参加した20以上の政府機構に技術者を派遣し、現場技術サポートを行っている。記者は生態城の「クラウド調印式」の会場では次のことを見た。ファーウェイクラウドプラットフォーム、ファーウェイ浜海新区基地の技術者はまずネットを利用して映像を接続した。しかし、ネットワークが不安定になる恐れがあるため、技術者はインターネットを通じて今回の調印式に対してビデオ会議システムを構築し、独自の技術で共有クラウドに切り込み、データの交換を実現した。企業側は、契約企業が天津に位置していないため、技術者は電話、WeChat、Welinkなどでユーザーの状況を把握し、実際の需要に応じて技術サポートを行っている。

  周広慶さんによると、今回の契約プラットフォームには全部で200ぐらいの端末が介入していたが、繋がらなかったり不調になったりすることがなかった。「市場でよく見られるビデオ会議のプラットフォームはこれほど多くのユーザーを受け入れるのに安定して運行することができません。」周さんの話では、ファーウェイクラウドを利用し、Welinkインテリジェントワークプラットフォームは携帯電話、PAD及びPC端末を含む少なくとも1000個の端末と同時にアクセスできるという。今後、ファーウェイ浜海新区基地はさらに地元政府、企業にクラウド技術サービスを提供し、感染症対策とともに地域経済の良好かつ迅速な発展を推進していく。記者 王梓


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号