浜海新区、個人経営者の営業再開を全力でサポート

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-04-01 09:19

  「明白紙」は、審査・許可サービスの最適化、個人経営者の発展、期限の延長などを内容としている。

審査・許可サービスを最適化

  ■ 「オンライン処理・面会しない」原則に基づく個人経営者の登録を推進

  ■ 個人経営者の区域間の移動制限を緩和

  ■ 個人経営者の経営場所の登録要件を簡素化させ、期限を延長

  ■ 個人経営者の年報提出時間を延長

  ■ 食品生産、経営許可証の有効期限を延長

  ■ 従業員の健康証明の有効期限を延長

  個人経営者の発展を支持

  ■ 集団向けの出前サービスを提供する飲食会社に対して届出管理を実施

  30日から、新区の個人経営者に「明白紙」が続々と届いた。浜海新区市場監督管理局の関係者によると、最近、新区市場監督機構は「浜海新区市場監督管理局、個人経営者の営業再開の支持に関する明白紙」を公表した。各支持政策を結び付けて、「明白紙」を活用し、個人経営者の営業再開をはっきりとサポートしている。

  関係者によると、「明白紙」は、審査・許可サービスの最適化、個人経営者の発展、期限の延長などを内容としている。審査・許可サービスの最適化については、浜海新区は個人経営者登録の「オンライン処理、面会しない」原則を推進し、経営者は「天津市企業登録全行程電子化プラットフォーム」で個人経営者の登録を申請することができる。個人経営者の区域間移動の制限を緩和する面においては、個人経営者が経営場所が所属する行政区画を変更する場合は、経営場所登録機関に変更登録申請を直接に提出することができる。個人経営者の経営場所の登録要件を簡素化させる面においては、申請者は住所(経営場所)登録情報表を記入するだけで、不動産権証、賃貸契約などの書類を提出する必要がなくなった。

  期限の延長については、浜海新区市場監督管理機構は個人経営者の年報提出期間を延長する。締め切りは法定期限の6月30日から2020年の年末に延長する。食品の生産、経営許可証の有効期限を延長する。個人経営者が持っている食品生産、経営許可証が期限切れになった場合、有効期限は天津市重大突発公共衛生事件の一級応答が解除された後の30営業日まで順延する。従業員の健康証明の有効期間を延長する。従業員の健康証明の有効期限が満了しても、しばらくは新しい証明書を受け取ることができない場合、その健康証明は有効とみなされ、有効期限は天津市重大突発公共衛生事件の一級応答が解除された後の90営業日まで順延する。

  個人経営者の発展を支持する面では、浜海新区は集団向けの出前サービスを提供する飲食会社に対して届出管理を実施する。そのうち、既に食品経営許可証を取得しているが、「集団向けの出前サービス」の許可を得ていない場合は、特定の集団向けの出前サービスの臨時許可を申請することができる。単品の配送数が合計100部を超える飲食サービス経営者に対しては、市場監督機構は申請を受けてから3日間以内で現場検証し、条件を備える経営者に集団向けの出前サービスの臨時許可を出す。

  また、新区は更に宣伝と解読を行い、個人経営者労働組合の架け橋としての役割を十分に発揮し、個人経営者が「天津市個人経営者協会」のWechat公式アカウントに登録し、個人経営者の営業再開に関する政策、分類予防管理マニュアル及び雇用情報などを適時に調べるように指導する。

  「個人経営者の多くは直接に市民に消費サービスを提供し、都市サービス機能と経済発展活力の重要な支えでもあります。今回発表した『明白紙』は、個人経営者が支援政策を理解し、問題があればすぐに反映し、解決するように支援し、個人経営者の営業再開を促進しました。特に、民衆の日常生活保障にかかわる飲食店などの個人経営者に対しては、市場監督機構は自主的に訪問して指導し、個人経営者が隠れたリスクの危険性を調べ、不足を補うように支援し、安全と発展の有機的な統一を実現しました。」浜海新区市場監督管理局の関連責任者によると、次に、市場監督機構は引き続き個人経営者の営業再開の促進に関する措置を徹底的に貫き、強化し、各政策の着実な実施を確保する。記者 張広艶


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号