浜海新区、「デジタル経済」を発展、チャンスをつかみ

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-03-31 08:02

  ■ デジタル化の手段で伝統的なモードを変革させ。道本科技SaaS知恵契約サービスは企業法務管理レベルを全面的に向上させる。クラウドアカウントは現在、5000軒以上のプラットフォーム企業にサービスを提供する。

  ■ 浜海新区の各開発区は「デジタル経済」のチャンスをつかんだ。天津浜海ハイテク区の新経済企業が続々と台頭する。東疆港保税区のクロスボーダー電子商取引企業は追跡2次元コードで運営コストを削減する。経済開発区の泰達科学技術グループは重点的にデジタル経済分野の企業を誘致する。

  ■ 浜海新区の都市生活に応用される。「天河一号」は大量のデータコンサルティング、分析、ストックを実現する。「浜海新区ファーウェイクラウド」はオンラインで都市建設のためにより総合的な方策分析と業務最適化の解決案を提供する。

  「感染症予防・抑制の間、会社のスマート契約審査業務は前年同期比で30%増となりました。」と天津道本科学技術有限会社(以下、「道本科技」と略称する)社長の王智勇氏が言った。さらに彼を興奮させたのは、最近商務部が発表した最初のオンラインオフライン融合発展デジタルビジネス企業リストの中で、道本科技はアリババ、京東、蘇寧などの大手企業と共に入選したことである。道本科技は天津で入選した唯一のインターネット企業であり、全国で入選した唯一の企業法務管理情報化のハイテク企業である。

  デジタル経済はすでに品質の変革、効率の変革と動力の変革を推進するための「加速器」と見なされ、各業界の企業、ユーザーに新しい商業価値をもたらしている。浜海新区に焦点を合わせてみれば、ここ数年来、デジタル経済企業は勢いよく成長し、地域の発展を向上させるための新しいエネルギーを形成した。

  デジタル化で業界価値を再構築

  仕事の効率を大幅に向上

  天津卓訊科学技術は卒業生の就職技術研修を従事する中型企業で、毎年は100社以上の技術型企業に100万人以上の技術人材を送っている。検修と就職サービス契約は二万部を超えている。過去は6人のチームが契約書を管理していたが、道本技術のSaaSスマート契約サービスを利用した後、今は一人だけで契約書を管理するようになった。仕事の効率と品質も百倍以上向上した。

  「デジタル経済はビジネスモデルを再構築しています。ビッグデータの優位性と技術を伝統的な法務管理に注ぎ込むことができれば、法務デジタル管理を形成し、企業がリスク防止の障壁を速やか、正確に構築し、企業法務管理のレベルを全面的に向上させることができます。」王智勇さんによると、人工知能技術製品を生かすことで、道本科技は3秒で一通の契約書を審査し、1秒で契約と台帳を抽出することを実現したという。現在、スマート契約プラットフォームはすでに100万件以上の契約書を審査した。訪問量は3千万回に達した。企業のために8百万件以上のリスクを識別した。それは12名の弁護士が毎日8時間、365日働いて、100年連続で完成できる仕事の総量に相当する。このデータによると、契約書のスマート審査は企業の契約リスク審査と落とし穴回避を効率的に完成しただけでなく、30人以上の弁護士を重複機械の契約審査から解放したという。

  関係者によると、道本科技は5000社以上の大中型企業、3万社以上の中小企業、百軒以上の政府機構にサービスを提供している。スマート審査、スマート抽出、スマート識別、ビッグデータなど一連の新技術、及びインターネット運営の新モード応用を通して、道本科学技術は二年間で毎年の業績倍増を実現し、天津三新経済のモデルになった。

  道本科技と同じく天津浜海ハイテク区に位置するクラウドアカウント(天津)シェアリング経済情報コンサルティング有限会社もデジタル化の手段を通して伝統的なモデルを変革させている。「オフラインの人的資源会社をオンラインに移動させました。例えば、抖音のビデオ撮影者、知乎LIVEの講演者などは、クラウドアカウントと直接契約して、プラットフォームは費用を払い、オンラインパフォーマンス費用の計算発行、税金徴収など一連の操作は全部私達が担当します。」クラウドアカウント創始者兼CEOの楊暉氏によると、クラウドアカウントは「サービス業のサービス業」に相当し、現在は累計で5000社以上のプラットフォーム企業、4100万以上の個人経営者にサービスを提供している。

  デジタル経済でチャンスをつかみ

  新経済企業が台頭

  「『天津市のデジタル経済発展促進行動案(2019~2023年)』が公表された後、天津浜海ハイテク区は積極的に実行案の要求を貫き、革新的な資源を集め、産業の集積化、規模化の発展を促進してきました。現在、区域内のデジタル経済発展は高速成長しています。」と天津浜海ハイテク区の関係者が述べている。

  天津浜海ハイテク区にとっては、デジタル経済を促進することは将来の競争優位性を占めるための重要な手段である。近年、賛普データセンター、紫光雲公司本社、中科曙光、今日頭条地域本部、奇虎360天津創業プラットフォームなどの先導的プロジェクトが相次いで加入した。クラウドアカウント、海雲データ、今日頭条、南大通用、天地偉業、神州商龍、アベスヌー科技有限会社などを代表とする新経済企業が続々と成長し、ハイテク区のビッグデータ産業の集積的発展を牽引した。また、天津浜海ハイテク区は中環半ハイエンド半導体産業園、富通グループインテリジェント科学技術産業園などのインテリジェント科学技術の特色あるキャリアを積極的に構築し、デジタル経済の発展にキャリアのサポートを提供している。

  東疆港保税区では、クロスボーダー電子商取引の注文生産では、税関と電子商取引企業が共に税関の追跡二次元コードラベルの管理をアップグレードさせた。単独で各物品に貼る二次元コードラベルを速達表に直接印刷するように変更した。デジタル化の手段は元の追跡二次元コードの人工的貼り付け作業の時間を削減した。注文ごとに少なくとも10秒の人工操作時間を節約し、企業の運営コストを大幅に低減した。

  泰達デジタル産業園では、アリクラウドDingTalk智慧園は経済開発区がデジタル経済発展のチャンスをつかむために歩みだした重要な一歩である。「次の飛躍は数字経済に支えられるものです。デジタル経済分野の企業も今後の企業誘致の重点になるでしょう。」と泰達科学技術グループの関係者が述べた。

  浜海新区に目を向けると、デジタル経済も都市生活に広く使われている。都市計画、気象予測、バイオ医療、装備製造など数多くの分野では、「天河一号」によって大量のデータコンサルティング、分析、ストックが実現されている。「浜海新区ファーウェイクラウド」は、都市建設のためにより総合的な方策決定分析と業務最適化の解決策を提供している。浜海新区工信局の関連責任者によると、浜海新区は天津市の七割以上の新興産業のリーダー企業を集め、プロセッサ、オペレーションシステム、集積回路、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの分野を全面的にカバーしている。バイト躍動、憶雲情報、途牛旅行などを代表とする新区企業はデジタル経済を狙って、どんどんイノベーションを促進し、強く大きく成長している。また、浜海新区は新型の研究開発プラットフォーム、先導的企業、天津科学研究院に基づき、中核的技術の配置を加速させ、持続的な革新的発展を通して、デジタル経済のチャンスをつかもうとしている。記者 単毅 報道


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号