61軒の重点大型スーパーマーケットがすべて営業を再開

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-03-29 08:39

  26日、浜海新区商務と投資促進局の関係者によると、最近、新区は感染症対策を厳しく実施したうえで、消費分野の企業の生産再開を着実に推進し、住民の消費自信を奮い立たせている。昨日まで、浜海新区の61軒の重点大型スーパーマーケットはすでに営業を再開した。市民は個人保護をしっかりと行ってから家を出て、買い物しながら寛ぎ、リラックスできる。商業圏はだんだん活気と活力を取り戻している。

  通行量が増加し、開業時間が延長

  商業貿易消費場所は「暖かさ」を取り戻し

  解放路の歩行者天国では、デパートのデジタルエリアでは、親と子供がマスクをして秩序よく品物を選んでいる。スーパーマーケットの棚に並んでいる商品は在庫が豊富で、種類も多様である。飲食店で客が秩序よく食事をしている。

  「営業再開してから一週間、売場は徐々に『暖かさ』を取り戻しました。今は春夏のファッションシーズンです。色も比較的に鮮やかで美しいです。これはデパート全体を一新させ、生き生きとした感じをさせました。」と金元宝グループの関係者が述べている。関係者によると、金元宝浜海新区国際ショッピングセンターの一日当たりの人数は2000人を超えている。金元宝愛来無憂デジタル電器広場が営業再開した後、販売量は前年同期の水準に達することがある。

  新区商業の「南北両翼」と呼ばれる大港、漢沽地区では、大型スーパーマーケットも全部営業を再開した。一部のデパートも営業再開時より営業時間を少し延長した。「私たちは3月12日に営業を再開しました。この二週間で、お客がだんだん増えてきました。今週から、デパートはさらに営業時間を延長しました。開業当初の営業時間は10時30分から17時までで、それを10:00-20:00に調整して、市民の買い物需要をより良く満足させました。」と大港一商の関連責任者が述べている。

  漢沽地域の重点商業貿易のキャリヤとして、漢沽デパートも正式に営業を再開した。「先週末から営業を再開しました。今は毎日千人以上の客が来ています。周辺の市民は主に春着や靴などの商品を購入しています。」と同デパートの関係者である于大偉氏が述べた。

  オンライン・オフライン融合 ハイテク駆動

  伝統的な小売業と飲食業の変革が加速

  関係者によると、感染症の影響により、新区の伝統的な小売業界、飲食業界なども変革を加速しており、オンライン・オフラインの融合、ハイテク駆動などを通じて、モデルの革新と業態の再構成を実現したという。

  例えば、金元宝グループはWechat のマイクプログラムを開発した。毎日、消費者はインターネット上の「生中継ホール」を通じて、詳しい商品の生放送展示を見ることができる。化粧品、ジュエリー、家電、ベッド用品、婦人服などのブランドはほとんど全部参加している。消費者は自分の好きな商品についてよく知ってから、直接宅配便で家に送ってもらうことができる。

  「感染症が発生した後、売り場の多くのブランドがオンライン中継を開始してみました。消費者は映像を通して製品の外観、色、機能、使用方法を直観的に見ることができます。この方法は消費者に人気があります。」と金元宝ビジネスビルの関連責任者が述べている。

  飲食の面では、現在、金元宝海鮮宮など、店内での飲食を提供する伝統的な飲食店も次々とテイクアウトの業務を始めた。消費者は家にいてもおいしい食べ物を味わうことができる。記者 趙賢鈺


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号