「九つの措置」で審査をより便利に

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-03-26 12:11

審査員が資料を審査している。記者 何沛霖 撮影

  ■ 感染症予防・抑制の間、浜海新区行政審査システムは全面的に「安全を確保、仕事を完成、ネットで処理、面会しない」という法則に基づいて審査を推進し、インタネットによる業務処理、業務指導、業務予約、一回で手続きを完成させ、郵便で配達し、家まで業務を遂行し、不足資料の事後補充、業務遂行の承諾、直ちに業務を実施する、という「九つの措置」を実施する。

 ■ 現在まで、新区の各レベルの政務サービスセンターはすでに各種政務サービスを13万件以上処理した。オンライン作業効率は95%以上に達した。

 ■ 累計で32件の重点工事の前期作業書の審査・許可を完成した。投資総額は520億元に達した。新区の各審査機構は253件の建設プロジェクトに環境アセスメント、計画許可、施工許可、消防検収などの関連手続きを行った。

 近日、天津谷宇凡生物科学技術有限会社は医療用マスクを急いで輸出しようとしている。関連規定により、企業が初めて税関で貨物を輸出するための電子ポートカードを申請する前に、対外貿易経営者届出登録表を申請する必要がある。浜海新区政務サービス弁公室は企業の訴求を知って、支援役のスタッフを派遣した。手続きを開始してから証明書が出るまでの審査プロセスは1時間しかかからなかった。

 感染症予防・抑制の間、浜海新区行政審査システムは全面的に「安全を確保、仕事を完成、ネットで処理、面会しない」という法則に基づいて審査を推進し、インタネットによる業務処理、業務指導、業務予約、一回で手続きを完成させ、郵便で配達し、家まで業務を遂行し、不足資料の事後補充、業務遂行の承諾、直ちに業務を実施する、という「九つの措置」を実施している。問題の解決を確保し、政務サービスの効果を向上させ、企業の経営と発展を全力でサポートしている。

 特殊な時期に審査・許可サービスが途切れない

 感染症予防・抑制の間、新区政務サービス弁公室は適時に特殊時期の政務サービスセンターの活動方案を発表し、各開発区政務サービスセンター、各街鎮総合便民サービスセンターに、「安全を確保、仕事を完成、ネットで処理、面会しない」という法則に基づく審査を推進し、「九つの措置」を実施することによって、感染症予防・抑制の間、審査・許可サービスが途切れないことを確保した。

 新区政務サービス弁公室政務サービス室の王遠副主任によると、業務を再開する前に、審査員全体は一週間で天津ネットサービスホール、浜海新区オンラインサービスプラットフォーム、各ルートの審査・許可システムをテストしていた。インタネットで実施できる行政許可・公共サービス事項を合計で340件整理し、Wechat公式アカウントとウェブサイトなどを通してオンライン作業のリスト、操作マニュアル、担当者の連絡先を公示した。すべての電話番号を携帯電話につなげることによって、インタネットでさまざまな業務が実施され、完成でき、電話がつながるように確保した。インタネットで実施できない169件の事項に対しては、「予約をとり、一回で手続きを完成、現場で業務遂行」を実施する。電話とWechatで予約し、時間帯分けで人数をコントロールしたうえで、予約エリアで処理する。現在まで、新区の各レベルの政務サービスセンターはすでに各種政務サービスを13万件以上処理した。オンライン作業効率は95%以上に達した。

 新型ウイルス対策の関連プロジェクトには「ケースバイケース」対処

 「感染症予防・抑制の間、我々はグリーンルートを積極的に開通しました。遠距離指導、許可承諾などの形で、企業が早く生産を再開するようにサポート染ました。」王遠さんによると、ここ数日、新区政務サービス弁公室は渤化グループ天津大沽化工株式有限会社、科邁化工など9社の企業のために84消毒液生産プロジェクトの消毒製品生産企業の衛生許可証を発行した。「正常な審査には8つの審査要件が必要で、現場調査も必要となります。現場調査の時間を勘定に入れなくても、5つの作業日が必要ですね。しかし、今は特別な事項を特別な形で処理しています。企業の申請表一枚と告知承諾書一枚で完成できます。企業の申請から許可書の郵送までは1時間ぐらいしかかかりません。」

 また、書簡を許可書とし、不足材料の事後補充、審査承諾などの形によって、浜海新区政務サービス弁公室は関連企業にインターネット病院の医療機関の営業許可、慈善団体の公開募金資格許可などを処理した。各機構も積極的に仕事を展開している。新区市場監督管理局はコートン会社、賽遠科学技術有限会社、天津市児童薬工場などの企業のために、工場の現場で業務を展開し、医療器械生産許可承認サービスを提供している。赤外線耳用温度計、医療用脈拍式血酸素計、医用外科マスクと医療用防護服などが含まれている。現時点、新区の各レベルの政務サービスセンターは「家まで業務を遂行し、不足資料の事後補充、業務遂行の承諾、直ちに業務を実施する」ことを通して、特別プロジェクトを97件処理した。

 プロジェクトの着工を推進

 サービス機構を絶え間なく革新させ、審査認可の方法を最適化させることによって、新区政務サービス弁公室は企業の審査事項を処理する時、機構の協調的な連動を強化し、政務サービスオンラインサポートプラットフォームの機能を最適化させ、ビデオ会議を開催してオンラインサポートを実現し、優れた政務サービスで企業の審査・許可業務が早く、便利に完成できるように支援し、企業が早くも生産を再開し、生産能力を拡大するように協力している。

 王遠さんによると、浜海新区政務サービスサポートプラットフォームと、天津市オンラインサービスホールとの相互認証を完成さるために、サポートサービスの他に、サービスの委託機能を増加させ、公共場所の衛生許可など、感染症に関連する審査事項を緊急ンにアップさせ、「審査・許可について」というビデオを放送させ、申請者のために仕事の要点をわかりやすく説明しているという。

 近日、新区政務サービス弁公室は民心工程と重点プロジェクトに対して任務の分業を行い、プロジェクト化、リスト化管理を実行し、任務を分解し、一件一件に責任者を手配した。現在までに、累計で32件の重点工事の前期作業書の審査・許可を完成した。投資総額は520億元に達した。新区の各審査機構は253件の建設プロジェクトに環境アセスメント、計画許可、施工許可、消防検収などの関連手続きを行い、審査の手続きを最適化させ、審査の時間を短縮させ、企業の生産再開を加速させた。記者 馬坤 報道


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号