航空物流区、企業の生産再開を支援、正常な流通を保障

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-03-26 12:08

  ■ 航空物流区の運営企業はすべて生産再開し、再開率が100%に達した。特に順豊速達、遠泰医薬、華宇貨駅、康徳楽医薬、航運サービスセンターなどの機構は感染症予防・抑制の間も営業を続けている。

 ■ 感染症予防・抑制の間、航空物流区はサービス企業を指導し、サービスを提供すると同時に、さらに企業の新設プロジェクトの手がかりを深く掘り下げ、60社以上の企業と緊密な連絡を取り、後続企業の入区にサービスを提供するために基礎を打ち立てた。

 関係者によると、新型コロナウイルス感染症が発生して以来、天津港保税区天津航空物流区は「感染症の予防・抑制と企業の生産再開を両立させる」ことを堅持し、企業の生産再開への支持、雇用需要の安定、企業負担の軽減、財政支援の強化、貸付政策の強化、企業サービスの最適化などの面から企業の発展をサポートしている。現在までに、航空物流区の運営企業はすべて生産再開し、再開率が100%に達した。

 関係者によると、天津航空物流区は浜海新区が北方航空物流基地を建設するための重要なキャリヤであり、新区が京津冀協同的発展を促進するための五つのプラットホームの一つであり、天津が「地域中枢空港と中国国際航空物流センター」を建設する位置づけをめぐり、空港岸経済の発展を中心として、港貿易、航空物流、サプライチェーン金融などの業界を重点として発展させている。感染症予防・抑制の間、天津航空物流区は区内155社の企業の感染症対策を詳しく調査し、物流区の安全を保証した。感染症対策を着実に実施すると同時に、航空物流区内の15社の所有者企業及び140社のテナント企業の生産再開を積極的に推進し、企業が生産再開の資料を準備するよう指導し、企業従業員の職場復帰に指導と審査サービスを提供してきた。航空物流区の運営企業は155社で、そのうち、100社以上の航空貨物運輸サービス企業は、天津空港と北京空港で業務を展開している。現時点、航空物流区の運営企業はすべて生産再開し、再開率が100%に達した。特に順豊速達、遠泰医薬、華宇貨駅、康徳楽医薬、航運サービスセンターなどの機構は感染症予防・抑制の間も営業を続け、感染症予防物資と生活保障物資の正常な流通を全力で保障している。

 「感染症と戦う中で、企業は保税区管理委員会の協力の下で迅速に生産再開し、地域内のエアバス、グッドリッチ、ボンバルディア、PPG航空塗料などの大手企業が正常に生産するための物流需要を保証しました。」と天津中遠海運航空貨物輸送代理有限会社の樊嘉寧総経理が述べている。「現在、感染症の予防・抑制がまだ終わっていません。我々は様々な生産企業の国際輸出入の物流需要を保障するだけでなく、新型ウィルス対策を実施する面でも模範的な率先役割を果たし、感染症の予防・抑制と経済社会発展を両立させなければなりません。また、我々は必要のある企業のために専門的な物流、税関業務サービス及び関連研修を積極的に提供し、様々な企業の物流需要を適時に満たし、生産再開を全力で推進します。」関係者によると、天津中遠海運航空貨物輸送代理有限会社の現時点の生産再開率は90%以上に達し、生産能率は100%に達しているという。

 天津港保税区の関連責任者によると、現在、天津航空物流区で登録した企業は2300社を超え、登録資本金が2500億元を超え、600億元の年間営業収入、35億元以上の税収を実現した。感染症予防・抑制の間、航空物流区はサービス企業を指導し、サービスを提供すると同時に、さらに企業の新設プロジェクトの手がかりを深く掘り下げ、60社以上の企業と緊密な連絡を取り、後続企業の入区にサービスを提供するために基礎を打ち立てた。彼によると、国内生産、消費型企業が相次いで生産を再開するにつれて、産業チェーンの重要な一環としての物流企業は貨物集積と輸送力を強化し、天津航空物流区は感染症の予防・抑制と経済社会発展の「両立」を確保するという。記者 戦旗


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号