前二か月、中欧列車が一日に一回発車

稿源:津浜網   编辑:刘洁珊   2020-03-20 08:33

 「中欧列車の便利な通路」を設立し、企業に出入国地または属地の港で通関手続きを完成させ、転関或いは全通の通行パターンを選ばせ、利便性を向上させる。感染症予防・抑制の間、企業の課税期限を延長し、関連貨物の滞報金、滞納金を減免し、「減」によって「増」を取り換え、企業に着実な利益をもたらす。

 天津は「一帯一路」建設の重要な支点の一つとして、中欧列車の「常連」である。感染症予防・抑制の間、列車の運営再開の保障は、対外貿易を安定させ、発展を促進するためには極めて重要である。昨日、天津税関の関係者によると、今年の前二カ月、天津税関は合計で53車で5724箱の中欧列車貨物の通関手続きを完成し、基本的に一日に一回発車している。

 関係者によると、天津税関に所属する新港税関は税関総署が公表した中欧列車を支持するための10項の措置を厳しく実行し、通関回数の減少、通関コストの低減をめぐり、海鉄聯運企業の生産再開と従業員の職場復帰を保障している。例えば、「中欧列車の便利な通路」を設立し、企業に出入国地または属地の港で通関手続きを完成させ、転関或いは全通の通行パターンを選ばせ、利便性を向上させる。

 感染症予防・抑制の間、企業の課税期限を延長し、関連貨物の滞報金、滞納金を減免し、「減」によって「増」を取り換え、企業に着実な利益をもたらす。

 また、新港税関は二連浩特、満洲里、阿拉山口などの港税関と連絡・協力覚書に調印し、協調とコミュニケーションを行うための専門職を設置し、貿易の円滑化を確保する。「関鉄通」連携を推進し、鉄道運輸機構との協調を強化し、情報共有、相互交流を強化し、中欧列車の貨物輸出にフールチェーンの通関保障を提供する。記者 趙賢鈺


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号