新区航空製造業、質的飛躍を実現

稿源:津滨网   编辑:刘洁珊   2020-01-13 06:43

68468_500x500

2019年以来、新区の航空分野の配置が次第に改善され、大きなプロジェクトが次々と加入され、保税区、高新区、経済開発区の西区が大飛行機、ヘリコプターなどを産業の中核とする産業集積地が形成され、ハイエンドの研究開発能力と技術成果の転化能力を持つ企業が現れた。この三つのエリアが全国航空航天産業の革新と成果転化のモデル基地になった。全体的には、新区の航空企業はすでに数量が多く、技術が高く、規模が大きく、経済効果が著しいなどの特徴を持っている。

 産業チェーンの役割が際立ち

 2019年、新区名刺としての「大飛行機」プロジェクトが新たに進展した。10月末に、エアバスの天津総合組立ラインは繰り上げて月産6機の既定目標を実現した。また、10月に開催された直博会の期間中に保税区と契約を締結したエアバスA 320ボディシステムのトータルプロジェクトは中国とヨーロッパの協力の延長を表している。「プロジェクトの契約は天津の航空産業が総装に限られなくなり、技術的な中身がより深く、より高いレベルに向けて徐々に展開されていることを意味している。胴体アセンブリから部品生産、さらに部品組立、さらには修理サービスまで、航空産業は徐々に全産業チェーンの生産モデルを形成している。」と天津港保税区管理委員会航空産業センターの陳鳴副主任が述べている。また、2019年には新区ヘリコプター産業のサポートプロジェクトも大量に定着した。例えば、華亜航空有限公司は華彬亜盛通用航空(北京)有限公司を天津港保税区に移転する予定だ。現在、新区は中航ヘリコプター基地をベースにして、さらに協力分野を拡大し、軽中・中型の系図を持つ新型ヘリコプターの研究開発生産と国際協力を拡大しており、航空緊急救援製品の研究開発、人員育成と運営基地の建設などを推進し、通航産業チェーンを開拓している。

 政策、産業の発展を支援

 政策の面では、新区もしきりに航空産業の育成政策を打ち出している。2019年6月、「天津自由貿易試験区空港エリアの支持と航空保税補修再製造産業の発展の奨励に関する若干の措置」が正式に発表された。「この政策の実施は、調整費用と調整時間を節約し、天津海特も保証金や保証書を支払う必要がなく、資金コストを節約しました。また、海外の飛行機を修理する過程で修理やアップグレードが必要な部品が発生します。現在は『保税倉庫貨物』によって輸入申告ができます。貨物が国内で移動し、免税政策を共有し、天津海特が国際業務における吸収力と市場競争力を大幅に向上させ、航空メンテナンスの要害の高地を奪い、国外のメンテナンス業務及び客改貨業務も飛躍した。」と天津海特飛行機工程有限公司の陳健聡社長が述べている。

 高新区に位置する天津神舟宇宙飛行機有限公司は主に航空無人機と関連製品の設計、製造、販売に従事している。華翼藍天科技有限公司はエアバスA 320機とボーイング飛行機の全任務飛行シミュレーション機を成功に開発した。国外メーカーが民間旅客機訓練機の製品の独占を一挙に打ち破り、中国で唯一のエアバスとボーイング会社のデータパッケージ授権を取得した国内企業になった。iPhone携帯電話のLogo原材料はスペースシャトル特殊金属材料技術を採用しており、この材料が経済開発区西区の宇宙飛行長征叡特科学技術有限公司によって開発された。経済開発区西区の次世代運搬ロケット産業化基地(「ビッグロケット基地」と略称する)に位置し、敷地面積が3000ムーで、ロケット開発生産区、宇宙技術応用産業区と補助セットエリアという三つの部分から構成されている。ロケット部品の生産、部品の組み合わせ、組立テストと試験を一体化する中国航空レベルと国際的先進的レベルを持つ代表的な新しい航天城だ。長征七号、五号ロケットすべての組立ロケットの構造製造及びロケット組立などもここで完成され、世界最大の航天基地となり、中国がハイテク分野で自主的財産権を持つ代表となった。

 産業経済規模が1000億元を超え

 新区工業情報委員会の関連責任者によると、2020年に新区は国内の重要な民間航空機と部品製造業基地、中国北の重要な国際航空貨物輸送の中枢、全国航空レンタルと金融センター、国家レベルの大型宇宙航空製品開発基地となり、産業経済規模が1000億元を超えるという。

 天津市経済発展研究院の李文増研究員によると、エアバスA 320の総合組立ラインが定着してから、国際協力を拡大し、産業チェーンを拡張してきた。エアバスの産業集積効果が最初に現れ、これをめぐって関連セットやサービスを行うグッドリッチ、PPG、テレーズ、サディアゴ、英徳拉、西飛行機翼など50隻の航空製造プロジェクトが相次いで浜海に加入した。チェーンの役割がはっきりしている。同時に、新区は重点的に中航ヘリコプターの本部と研究開発基地のプロジェクトの建設と欧直の「小さいリス」シリーズの軽量ヘリコプターの顧客化センタープロジェクトの加入を推進し、現在すでにヘリコプターの全価値チェーンの組み合わせのシステムを構築した。「新区の航空製造はすでに『埋め込み型』の段階から『埋め込み型と内源型』の共同発展の新段階に発展しました。」記者 戦旗 報道


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号