海河の「教育基地」、今年40万人の観光客を引きつけた

稿源:津滨网   编辑:刘洁珊   2020-01-06 06:25

微信图片_20200106062413

遊覧船で見た海河の美しい景色 記者 韓春霞 撮影

 寒流が襲ってきたが、観光客が海河遊覧船に乗って浜海新区の発展の楽しみを味わう興味が衰えない。1万字以上の遊覧船の解説語は大沽ドック、ジュリア学院などの30カ所以上の歴史遺跡、文化財遺跡、現代化都市風貌の建築物を繋げ、近代以来、中華民族の屈辱から復興への歩みを見てきた。今年以来、海河の上を漂う愛国主義教育基地といわれる海河の遊覧船がますます多くの観光客を迎えている。12月30日までに、今年は約述べ40万人の観光客を迎え、前年同期比で約20%増加した。

 30日午前、記者は外地観光団に従って海河の遊覧船にのり、海河愛国主義教育の旅を始めた。

 10時、モーターの音に伴って、遊覧船はゆっくりと岸を離れて、海河の下流に向かっていた。船は川の中を進み、両岸の高層ビルはゆっくりと後に移る。見るべきものが多くて、いちいち目を通すことができなく、まるで絵の中を進んでいるようだ。

 まだゆっくりと鑑賞する時間がなくて、解説員の話はすでに伝わってきた。「海河は天津の母親の川で、ここは入れ口で、数十キロメートルの川は長い歴史と文化を乗せている。愛国主義教育航路は西から東へ、極地海洋世界(海門大橋)から海河の入り口まで、全部で30か所の観光スポットがある。」極地海洋世界、バンド公園を過ぎて、遊覧船は天津アルカリ工場の旧跡の近くまで行く。「ここはかつて愛国実業家の範旭東さんが1918年に創業した永利アルカリ工場と久大精塩会社です。ありとあらゆる辛苦を経て発展してきた有名な民族工業企業として、永利は歴史上の多くの第一を記録した。」観光客たちは真面目に聞いて、時々アルカリ工場の跡地を眺めていた。

 遊覧船は引き続き前進して、左岸にヨーロッパ式の単層建築群が観光客の目に入ってきた。「1888年に建設された中国初の標準軌間鉄道上の駅、塘沽南駅です。清末洋務運動の証人です。見てください。近くにある大きな貝殻は浜海高速鉄道駅です。」海河の遊覧船の責任者である宋文毅さんの案内に従って、観光客は再び遠方に目を向けた。中国初の高速都市間鉄道である京津城間延長線の終点駅として、2015年9月20日に開通した。北京と天津浜海新区には快速道路がある。「二つの駅はすぐ近くにありますが、125キロメートルの距離は近代以来の中国鉄道の急速な発展を凝縮しています。」と観光客の賈さんは感嘆した。建設中のジュリア学院の近くに遊覧船が早く到着した。「この世界的な音楽学院の定着は、より良い未来を示しています。」と宋文毅さんは言った。

 遊覧船の中にいて、解説員の説明を聞いていて、歩き続ける両岸遺跡や現代建築を見ていて、まるでタイムトンネルに入ったかのようだ。于家堡金融区では、オフィスビルが林立していて、魅力的な現代都市の姿を現している。半時間余りの観光コースはもうすぐ終わるが、観光客の多くはまだ意を尽くしていない。「この愛国主義教育コースは素晴らしく、生きている愛国教科書です!」と観光客の田さんはしきりにほめている。

 宋文毅さんによると、今年以来、全国文明城区創建と結び付けて、海河の遊覧船は愛国主義教育航路の特色をいっそう強調し、遊覧船の解説語を1万字以上まで豊かにして、30カ所以上の歴史遺跡と現代都市の建築、観光スポットをカバーし、遊覧船を海河の上で揺らぐ愛国主義教育基地にした。

これらのやり方は多くの観光客の共感を呼んでいる。統計によると、今年以来、遊覧船は全部で延べ40万人近くの観光客を接待して、その中の90%は外地の観光客で、主に天津周辺の省市と雲貴川などの省からきている。記者 韓春霞 杜紅梅


津浜網は著作権を所有し、無断転載を禁ずる。 お問い合わせ番号:022-25204288 メールアドレス:jinbinwang2015@163.com
インターネットニュース情報サービス許可証:1212016001登録番号:津ICP备11000547号 津公网安备12010702000020号